ハイエンド「屋根開き」対決 アストンV8 vs BMW M6 vs ジャガーXKR 前編

公開 : 2017.11.18 10:10  更新 : 2017.11.18 11:06

安くてパワフルなイカしたジャガー

クーペ→ラグ・トップにともなう変更点は、そのいずれもが有意義なものばかりというわけではない。たとえばスプリングのレートは10%アップ。

それにともなって、ダンパーの減衰力もまた相応にアップ。バンプ側もリバウンド側も両方。一方、ライド・ハイトは5mmアップ(不思議なもので、たったの5mmなのに見た目上はハッキリ高くなってしまっている)。

アンチロール・バーは変更なし。スポーツカーの屋根開き派生モデルのロール剛性がクーペ版のそれよりも高いだなんて、いったいぜんたいどういうことか。そんなの、前例あるのか? 

いやいや。少なくとも、僕は聞いたことない。アストンによるとロール剛性アップによる乗り心地の悪化はないそうで、だったらぜひともクーペ版のアシにも同じセッティングを採用していただきたい。

なお、ロードスターは完全なというか泣いても笑ってもというか2人乗り。キャンバスのルーフはフル電動で、畳んだ際は2つのコブ、じゃなかったレザー・トリムされたバットレスの下にしまいこまれる。

ついホンの最近までは、ジャガーとアストンとは親戚どうしだった。アストンがフォードといっしょだった次期は。でも、いまはお互い別々の人生を歩んでいる。いまでもフォードはアストンの株式の15%を保有しているけど、彼らの手元に残ってる高価格帯ブランドはジャガーだけだ。  

XKR、イカしている。もし僕がアストンのセールスマンだったらコイツは頭痛のタネになると思う。なぜって、こんなにソソる見た目のクルマが1430万円~で買えるから。

ロードスター比なんと100万円も安い。しかもこれ、パワーが426psもあって車重は1780kgしかない。パワーウェイト・レシオはトンあたり239ps。アストンの同225psを上回っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×