ハイエンド「屋根開き」対決 アストンV8 vs BMW M6 vs ジャガーXKR 後編

公開 : 2017.11.18 15:40  更新 : 2017.11.19 11:28

AUTOCAR JAPAN誌49号から再録した、ハイパワーオープン比較試乗の後編です。グラマー度勝負でドイツ代表は早々に切り捨てられ、セクシーな英国車2台の勝負に。結果は見えている? いえいえ、予想とは違うかもしれませんよ、ちょっとだけ。

もくじ

前編
プロヴァンスに響き渡るV10の雄叫び
明らかに騒音規制無視のジョン・ブルたち
グラマー度比べではM6はお話しにならない
安くてパワフルなイカしたジャガー
マッチョなM6はクーペでどうぞ

後編
ちゃんとソソるクルマになっている
アストンならすべてが許される
やっぱりアストンならすべてが許される
勝者はアレ でも、アッチも捨てがたい
番外編 本当にボディ剛性はクーペ並み?

ちゃんとソソるクルマになっている

その点、ジャガー君はグラマラスでよろしい。見るからにソソるクルマ、にちゃんとなっている。

このスーパーチャージド版においては、ワイア・メッシュが――それこそヘタな有機飼育チキン農場よりもいっぱいなくらい――車輛周囲のいろんなところについてたりする。

なんちゃってベントレー調の装いはアレとしても、美形であることは間違いない。

イージーに使えるのと同じくらいイマジネーション欠如なキャビンに低く座る。

エルゴノミクスはエクセレント。ただし今回はグラマー度勝負なので、それは大きな加点要素にはならない。

ということで、ジャガーの強みはモダンなドロップ・トップのそれとしてはまさにカンペキなそのスペックにある。他2台と違ってこのクルマのエンジンはスーパーチャージャーつきで、したがって57.1kg-mのトルクを引き出すのは朝飯前。アストンやBMWを運転しているときと違って、ほとんどなんの労力もいらない。

低回転域しか使わずにグータラに運転してもトルクは強力で、しかもわかってることにギアボックスはZFのオートマティックときている。だからして、運転中ドライバーはカッコつけ、より具体的には右ヒジを置くポジションをぴっちり正確にキメることにだけ集中していればいい。

という次第でXKRは楽チンなクルーザーではあるけれど、だからといってちょっとトバしたくらいで途端に走りがだらしなくなったりはしない。

ほかのと較べてカルいステアリングはしかしめちゃくちゃ正確で、またライド・コンフォートとロール剛性とのバランスもカンペキ。このへんの案配の上手さはジャガーならでは、といっていいみたいだ。わかってる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事