アルファ・ロメオ 2018年にF1復帰 ザウバーのタイトル・スポンサーとして

公開 : 2017.12.01 06:10  更新 : 2018.01.11 16:40

イタリアの名門、アルファ・ロメオがスイス・チームのタイトル・スポンサーとしてモータースポーツのトップ・カテゴリーへ復帰します。

もくじ

アルファ・ロメオの決断 メリットは?
アストン×レッドブルから今後の動向を予想
アルファ・ロメオ これまでのF1の歴史

アルファ・ロメオの決断 メリットは?

アルファ・ロメオは2018年にザウバーF1チームのタイトル・スポンサーとしてフォーミュラ1へ復帰することとなった。この復帰は1987年以来初となる。

スポンサー交渉の中でも、アルファ・ロメオは新しい関係のもと、エンジニアリングに関する情報を両者でシェアすることで、「F1だけにとどまらない機会をそれぞれにもたらすことができます」と語っていた。

新しくアルファ・ロメオ・ザウバーF1チームと名乗ることになるが、アルファ・ロメオと同門のフェラーリとのエンジン調達に関する現行契約を継続することで、2018年も最新のパワートレインを使うことができる。

アルファ・ロメオの役割はエンジニアリングに関するノウハウを共有することにあるようだ。

アルファ・ロメオの親会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズのCEOであるセルジオ・マルキオンネによれば、「アルファ・ロメオのエンジニアたちは、既に新たに発売されたジュリアとステルヴィオで自分たちの能力を十分証明していますが、その経験をザウバーF1チームで活かすチャンスを得ることになるのです」と語った。

ザウバー・ホールディング会長のパスカル・ピッチは「自動車メーカーと緊密な関係を持つことはザウバー・グループの技術とプロジェクトをさらに発展させる素晴らしい機会になります」と説明している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事