2018年に世界で登場するクルマ 下半期編

公開 : 2018.01.23 11:10  更新 : 2021.03.05 21:38

今年の新車スケジュール、下半期編です。まだ全容を掴み切れてはいないものの、判明しているだけでも魅力的なスポーツカーや高級クーペ、超高級SUVなど、注目の車種が目白押しです。※なお、登場月などは英国市場を基準にした、編集部の予想であることをご了承ください。

AUTOCAR JAPAN上以外の外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「この記事をスライドショー形式でみる」から、画像と文が一致した形式でお楽しみいただけます。

7月 その1

メルセデス-AMG G63

次期Gクラスのハイパフォーマンス版は、軍用車レベルのオフローダーに、Sクラス並みの豪華さと、600psオーバーの4.0ℓV8ガソリンターボを組み合わせる。魅力的なクルマとなるのは間違いない。

ジャガーI-PACE

ジャガーは、古参メーカーとしては初めて、テスラに対抗しうるほど多車種のEVをラインナップすることになるだろう。その先陣を切るのが、全長4.7m級の5座SUVであるI-PACE。プロポーションも構造も、さらには現代的であるという点でも、これまでのいかなるジャガーとも異なるクルマだ。

生産はオーストリアのマグナが担当する予定。EV専用アーキテクチャーは、リチウムイオン電池をフロア内に収容し、前後アクスルにモーターを備えるフルタイム4WDとなる。航続距離は480kmを超えると推測され、最高出力は400ps、最大トルクは71kg-m程度となる見込み。発表は3月のジュネーブ・ショーで、初夏にはデリバリーが開始される。

ジャガーXEプロジェクト8

この600psのスーパージャガーは、300台限定生産され、価格は15万ポンド(2310万円)ほどとなる見込み。ジャガーのこれまでで最もパワフルなロードカーとなるはずで、最高速度は320km/hを超え、0-97km/h加速が3.3秒より遅くなることはないだろう。

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスSCG004S

アメリカ発のハイパーカーは、660psの5.0ℓV8ツインターボを積むMT車で、マクラーレンF1式のセンターコクピット3座レイアウトを採る。シャシーにはカーボン素材を用い、車輛重量は1179kg。価格は30万ポンド(4620万円)ほどと見込まれる。

BMW M2コンペティション

コンペティションのサブネームを得るM2の高性能版は、M3とM4から受け継いだ400ps級の3.0ℓ直6ツインターボを積む。パフォーマンスの頂点に立つモデルは、これまでのCSLからGTSと名を変えることになるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事