グッドイヤー新タイヤ「E-Grip Comfort」を評価 狙いはプレミアム・セグメント

公開 : 2018.01.29 21:10  更新 : 2018.01.29 21:12

オールシーズン・タイヤで有名なグッドイヤーが、新タイヤ「E-Grip Comfort」を発表。アウディA5、M・ベンツCクラスにも対応。テスト施設で、複数銘柄/新旧モデルの比較をしてきました。

もくじ

どんなタイヤ?
どんな印象? ボディが受けるダメージを遮断
E-Grip Comfort 従来型と比較
制動距離はお金で買える?
注目のベクター4シーズンズは?

どんなタイヤ?

日本グッドイヤーは、2月1日より新しいコンフォート・タイヤ「エフィシエントグリップ・コンフォート(以下、E-Grip Comfort)を発売する。

グッドイヤー・エフィシエントグリップ・コンフォート

E-Gripシリーズはその名が示すように効率よいグリップに焦点を合わせたブランド。今回加わるのは、EAGLE LS EXEの後を引き継ぐE-Grip Comfortと、ハイパフォーマンスSUVタイヤ「E-Grip Performance SUV」という2パターン。プレミアムセグメント向けの商品が拡充されることになる。「喧騒を、置き去りにしよう。」というコピーで大々的に発表された新商品。その実力はいかに。

クルマの性能/タイヤの性能

一世紀を超える歴史を紡いできた自動車だが、その間に目覚ましい進化を遂げてきた。この間に向上した性能はタイヤをなくして我々が享受することはできない。けれども、タイヤほど見た目が代わり映えのしないものも珍しいだろう。そしてタイヤの悩ましい点は、装着する車種の性能、特性がクルマによってまちまちであるということ。
 

 
最新試乗記