ヴェラールSVR 550psでレンジローバー最速モデルへ

公開 : 2018.03.19 21:25  更新 : 2021.04.13 18:04

ヴェラールにもSVRモデルが登場します。スーパーチャージャー付き5.0ℓV8 エンジンと、他のSVRに比べて軽量、小型なボディによって、レンジローバー史上最速モデルとなりますが、登場間近のジャガーF-PACE SVRとは目指すべき方向性が若干異なるようです。

もくじ

レンジローバー史上最速モデル
軽量化も重要 同門のSVRとは異なる方向性

レンジローバー史上最速モデル

レンジローバーではブランド史上最速モデルを作り出すため、スーパーチャージャー付き5.0ℓV8エンジンをヴェラールのエンジンルームに押し込んだ。

このV8モデルは、ランドローバーのオフロード性能とどう猛なパフォーマンスを併せもった、BMW X6 Mのライバルとして10月の発売が予定されている。

レンジローバーSVRシリーズとエンジンは共通だが、他の8気筒モデル同様、ヴェラールSVRを名乗るかどうかは明らかにされていない。


それでも、保険会社のデータベースからは、このヴェラールのホットモデルのテストカーには5.0ℓV8が使用されていることが確認でき、レンジローバー・スポーツSVR同様、ジャガー・ランドローバーで広く使われているスーパーチャージャー付きエンジンの搭載を示唆している。つまり、この最もホットなヴェラールは550psのパワーと69.4kg-mのトルクを発揮し、0-100km/h加速は4.2秒ほどになるだろう。

最近ニュルブルクリンクでのテスト風景が目撃されたこのSVRのエンジンを積んだヴェラールだが、ハイパフォーマンス部隊であるスペシャル・ヴィークル・オペレーションズ(SVO)が手掛けるなかでは最も安価なモデルであり、さらに他のSVRと比べれば軽量で小型なボディによって、最速のモデルに位置付きけられることになる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事