カローラ・ハッチバック新型 3/28公開 サイズ/エンジン/日本発売は?

公開 : 2018.03.23 14:14  更新 : 2021.01.28 16:58

カローラ・ハッチバック新型が、来週のNYショーで公開されます。TNGA、2.0ℓダイナミック・フォース・エンジン、発進用ギヤ付きCVTを採用。サイズは大型化、日本発売は初夏とアナウンスされました。

もくじ

新型カローラ TNGA採用、大型化
新型カローラ エクステリア/インテリア
ダイナミック・フォース・エンジン/発進用ギヤ付きCVT
レーントレーシングアシスト(LTC)搭載

新型カローラ・ハッチバック ニューヨーク・モーターショーで発表

トヨタは、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「カローラ・ハッチバック」(米国車名・米国仕様)を初披露すると発表した。

米国ではカローラiMの後継モデルとして、2018年夏に発売。なお日本では、2018年初夏から販売を開始するという。

カローラ・ハッチバック新型 3/28、NYショーで公開 日本発売は初夏

新型はTNGA(Toyota New Global Architecture)のもとで開発したプラットフォームや新型パワートレイン(2.0ℓダイナミック・フォースエンジン、Direct Shift-CVT/6速MT)により、走りの基本性能や環境性能を大幅に向上させたのが特徴。

全長:4370mm(従来型比プラス40mm)
全幅:1790mm(同プラス30mm)
全高:1435mm(同マイナス25mm)
ホイールベース:2640mm(同プラス40mm)

TNGAのプラットフォームにより、従来型よりも全高を25mm低くし、全幅は30mm広く、全長・ホイールベースは40mm伸ばすことで、踏ん張り感のある低重心でワイドなシルエットを実現。
 

関連テーマ