ボルボ新小型SUV「XC40」に試乗 内外装を評価 「完全復活」裏づけ

公開 : 2018.04.08 12:40  更新 : 2018.04.10 14:34

サスペンション/パワートレイン

ボクシーなフロント・フェンダーの造形はランドローバージープ・ブランドを思わせさえする。エンジン横置きの前輪駆動ベースの都市型SUVでありながら、しかもボルボというこれまでオフロード4WDとは無縁のブランドでありながら、いかにも現代のオフロード4WD然としたエクステリアをまとわせたところに、XC40の新鮮さの源泉があるのではあるまいか。個人的にはデザイナーが語ったという「直近のSF映画の宇宙船」がなにを意味するのか、興味深いところである。2010年代のSF映画……。

閑話休題。プラットフォームはCMA(コンパクト・モデュラー・アーキテクチャー)と名付けられた新開発の小型車用で、XC90XC60とは異なり、前ストラット、後ろマルチリンクという、こんにちのCセグメントの標準的なサスペンション形式を採用する。

搭載されるエンジンは、日本では当面、同じ2ℓ4気筒直噴ターボ・ガソリンの出力違いであるT4(190ps)とT5(252ps)の2種類。駆動方式は、T5はAWDのみ、T4はFWDの設定もある。

グレードは、白いルーフがオプションで選べるオシャレな「モメンタム」、革内装の贅沢な「インスクリプション」、それにスポーティな黒いルーフの「R-デザイン」の3種類のほか、単にT4と呼ばれる3,890,000円のベース・モデルもある。今回試乗したのは300台限定で発売され、アッという間に完売になったというT5 AWD R-デザイン1stエディションである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ボルボの人気画像