比較試乗 アストン マーティンV12ヴァンテージ vs ポルシェ911 GT2 後編

公開 : 2018.05.06 12:10

アストンはポルシェにはない乗り込んだ時の特別感が魅力です。また、走り出してみると凶暴な速さを見せつつも、曲がる、止まるの性能も抜群です。加速ではGT2の圧勝しましたが、カントリーロードでの総合性能でアストンの勝利が勝利することとなりました。

もくじ

前編
V12ヴァンテージとDBSの「違い」
走り重視のV12ヴァンテージ
「すごい」の一言
理想的なライバルのGT2
動力性能ではGT2が圧倒
それ以外では接戦

後編
アストンの「特別感」
走り出すと印象が一変
凶暴な速さ
「曲がる」「止まる」も素晴らしい
総合力でアストンの勝利

アストンの「特別感」

アストンは外見からして真剣に走りを追求したのがわかるが、乗り込めば室内も同様に作り込まれていることに気づく。柔らかな触感のアルカンターラ巻きステアリングホイールと、完全な新設計の軽量シートがその象徴だ。

後者は標準のものに比べて18kgも軽量化されているだけでなく、サイドサポートも大幅に向上している。ドアを開けて身を滑り込ませた瞬間、このふたつのアイテムが見えただけで気分が高揚するくらいだ。

ほかにも改良点はあるのだが、そのなかにはほんの数点ながら、あまり歓迎しかねるものも含まれている。「エモーショナル・コントロール・ユニット」なるちょっと悪趣味なキーや、DBS譲りとはいえむしろ不格好に見えて仕方のないアルミ製シフトレバーなどがその典型だ。

しかし、それらが全体として見たときにはまったく気を削がないのは、車内の総合的な印象があまりにも鮮烈だからにほかならない。ポルシェに比べたらはるかに特別で、ビスポーク感があり、そして高額なクルマであることが、各所からはっきりと伝わってくる。

着座位置も低く、クルマとの一体感もより強く感じられる。反対に、GT2に乗り込んでまず気になるのが、どう考えても高すぎる着座位置だ。サイドの高いバケットシートなのは同じなのに、ヴァンテージにはあるハイトアジャストが用意されていないのである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×