セアト・レオンSC 1.4TSI 140

公開 : 2013.03.08 16:07  更新 : 2017.05.29 18:44

■どんなクルマ?

プロダクション・モデル前のまだプロトタイプであるセアト・レオンSCのテスト・ドライブをする機会が与えられた。このレオンSCは、レオンの3ドア・バージョンで、フォルクスワーゲン・シロッコのライバルとなるモデルだ。

SCとはスポーツ・クーペの略で、レオン初の3ドア・ボディは、ダイナミックなスタイルが与えられた。5ドアよりもボディは短く幅広くなり、ホイールベースも35mmも縮められている。

■どんな感じ?

13mm5ドアよりも低い車高を持つが、そのヘッド・クリアランスは5ドアと同じだという。また、リア・シートのスペースも大人二人には充分なものが確保されており、ブートスペースも5ドアと同じ380ℓとなっている。

インテリアは控えめながら、フォルクスワーゲン・グループのクオリティが保たれている。そのマテリアルと、スイッチ類の使いやすさは賞賛に値するものだ。

138bhpのターボ付き1.4ℓエンジンは、滑らかで、ミッド・レンジでの扱いやすさは特筆に値する。パワーも充分で、なおかつ現実的に良い燃費をもたらすもの。

セアトは今の時点では公式なパフォーマンスを発表していないが、5ドアをベースに考えれば、0-100km/hは8.1秒、そして17.8km/ℓ以上の燃費を叩き出すと推測される。

ギアボックスも秀逸で、ギア・レシオも適切だ。また、速度を上げるにつれ信頼感の増す精密なステアリングも良い。レオンSCのステアリングは、よりスポーティなフィーリングをドライバーに与えるためリチューンされているが、それは全体としては正解だ。

その、短いホイールベースと、ワイドなトレッド、低い重心位置は、時代遅れのトーション・ビーム・リア・サスペンションを採用しているとは思えない。しかも、このスポーティなセットアップが、乗り心地と引き換えになっていないことに驚きを感じる。スポーティでありながら、日常の乗り心地を犠牲にしないというトリックを、セアトは成し遂げたのだ。

■「買い」か?

唯一の結論は、このセアトSCが本当に素晴らしいクルマであるということだ。ただし、その価格は、予想していたように5ドアに比べて安くなるのではなく、5ドアとほぼ同じものになるということだ。しかし、それがこのセアトSCを選ばない理由にはならないだろう。

(ジム・ホルダー)

セアト・レオンSC 1.4TSI 140

価格 18,000ポンド(257万円)
最高速度 210km/h
0-100km/h加速 8.1秒
燃費 -19.2km/ℓ
CO2排出量 119g/km
乾燥重量 1211kg
エンジン 直列4気筒1395ccターボ
最高出力 138bhp/4500-6000rpm
最大トルク 25.4kg-m/1500-3500rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記