ヒュンダイHND-9をソウルで発表

公開 : 2013.03.22 12:52  更新 : 2021.02.20 18:32

ヒュンダイは今月後半に開催されるソウル・モーターショーでコンセプト・モデル、HND-9を発表する。

そのデザイン・テーマは、今後のヒュンダイのクーペに影響を与えるという。このHND-9は、古典的で高級なスポーツ・クーペのヒュンダイ流解釈ということで、そのデザインは、韓国・南陽のR&Dセンターが担当した。

フロントにはヒュンダイのアイデンティティである6角のグリルが採用されているが、その他はスポーティな味付けがされている。基本的ンはi30やi40に使用されている”流体彫刻”のデザイン言語が仕様されている。

HND-9は、アメリカ市場でのみ販売されるヒュンダイ・ジェネシスのようなRWDクーペだ。エンジンは365bhpを発揮する3.3ℓのターボ付きV6 GDIエンジンで、8速オートマティック・ギアボックスが組み合わせられている。

関連テーマ