セアト・レオン1.6TDI SE

公開 : 2013.03.23 13:28  更新 : 2017.05.29 18:44

■どんなクルマ?

スペインの自動車メーカー、セアトのニュー・モデル、レオンの中でも最も重要なグレードがこの1.6TDI SEだ。レオンの英国でのセールスのおよそ30%になると予想される。

104bhpの1.6ℓターボ・ディーゼルは、レオンのミッドレンジにあたるが、そのロー・エミッションが魅力だ。また、SEトリムでは、エアコン、ブルートゥース接続、16インチ・アロイ・ホイール、コーナリング・フォグ・ランプ、クルーズ・コントロール、電動ウインドー、オーディオ・コントロールのついた本革ステアリングなどが標準装備となる。

新しいレオンは、旧モデルに比べて50mm全高が低くなっているが、ホイールベースは50mm長い。ブート・スペースとパッセンジャー・スペースは改善されたとセアトはコメントしている。しかし、その実用性ばかりでなく、そのハンサムはハッチバック・スタイルも大きな魅力だ。兄弟モデルであるオクタビアのように、決して実用本位のモデルではないとも言える。

■どんな感じ?

その金額以上のクオリティ、燃費、そして広い室内は確保されている。

しかし、残念ながら150bhp以下のレオンは、このモデルを含めてMQBプラットフォームのうち安価なビーム・アクスル・リア・サスペンションが採用されている。しかし、普通のドライバーにとってはそれはどうでも良い情報かもしれない。エンジンにターボが付いていることも知らなくて良い情報なのだろう。

99g/kmというCO2排出量を誇るエンジンは、経済的であるだけでなく、かなりフレキシビリティ溢れるパフォーマーでもある。ただし、中間のギアのレシオが高く、しかもその間が開きすぎているような気がした。25.4kg-mのトルクは、ボディを引っ張るのに重々しく感じるほどではないが、余裕が感じられるほどではない。同じ排気量のホンダ・シビックは30.6kg-mのトルクがあるので、それと較べるとやはり当たり前のエンジンでしかない。

セアトはこのレオンにもスポーティさを加えるために固いスプリングをチョイスしたが、ダンパーとの調和がとれていないようだ。タイヤのグリップ、ステアリングのレスポンス、そしてハンドリング・フィールなどに良い影響をもたらしているとは思えない。コーナリングは予想よりボディ・ロールは少ないが、路面状況に左右されてしまうことと、ステアリングにダイレクト感が感じられないのが問題だ。

■「買い」か?

レオン1.6TDには深刻になるほど悪い点はまったくない。強いて言えば、キャビンのクオリティぐらいだろうか。但し、もし、あなたが100g/km以下というCO2排出量に惹かれてこのレオン1.6TDIを買うのであれば、すこし待ったほうが良い。今年後半には、更に低燃費でロー・エミッションのエコモーティブ・モデルがラインナップに加わるからだ。

(マット・ソーンダース)

セアト・レオン1.6TDI SE

価格 18,490ポンド(266万円)
最高速度 191km/h
0-100km/h加速 10.7秒
燃費 26.5km/ℓ
CO2排出量 99g/km
乾燥重量 1286kg
エンジン 直列4気筒1598ccターボ・ディーゼル
最高出力 104bhp/3000-4000rpm
最大トルク 25.4kg-m/1500-2750rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記