4代目フォード・フォーカス1.0 試乗 ベーシックな優等生 1.5ℓ推薦

2018.08.31

サマリー

ひと回りり大きく、車内もさらに上質になった、4世代目のフォード・フォーカス。秀逸のシャシー性能は受け継がれているものの、排気量1.0ℓのエコブーストエンジンには、やや荷が重いようです。グレートブリテン島を横断する900kmの試乗で、完成度を確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
4代目となったフォード・フォーカス
どんな感じ?
引き継がれるフォーカスらしさ
車内は上質さが増したけれど
「買い」か?
シャシーに見合ったパワーなら1.5ℓ
スペック
フォード・フォーカス1.0チタニウムXのスペック

どんなクルマ?

4代目となったフォード・フォーカス

国際的な発表の後、英国の道で4代目フォード・フォーカスをドライブするのは、今回が初めてとなる。

今回のテスト車両は、フォードが英国での販売数の主流と踏んでいる、1.0ℓ3気筒エコブースト・エンジンを搭載したクルマ。最高出力は124psに設定されている。経済性は優れており、日常的に利用していても、14.1km/ℓ以上の燃費は稼げるだろう。

モデルレンジの中でも低出力の部類で、リアサスペンションはトーションビーム式が採用されている。よりパワフルなモデルはといえば、先進的なマルチリンク式を採用する。ダイナミクス性能でも優れていた先代を超える能力を獲得しているのかどうか、判断する上で、英国の道路環境での振る舞いは大切な尺度となる。

タイタニウムXというグレードは、充分な標準装備を得ながら、2万2820ポンド(321万円)という価格を付けている。しかし、試乗車にはさらに750ポンド(11万円)のLEDヘッドライト、400ポンド(6万円)のヘッドアップ・ディスプレイに加えて、オートパーキング機能とポップアウト式のドアプロテクターが含まれた、500ポンド(7万円)のコンビニエンス・パックも装備。350ポンド(5万円)のB&O社製スピーカーも奢られ、総額では2万6495ポンド(373万円)となっていた。

さっそく、試乗開始といこう。

 
最新試乗記

人気記事