大クラッシュから復活 幻のアストン「DP215」、24億円で落札

公開 : 2018.08.31 11:10  更新 : 2020.12.08 18:48

アストン マーティン「DP215」が、24億円で落札されました。ル・マンでは300km/h超えをマークした幻のGTレーサー。後年、クラッシュをして廃車にされてしまいましたが……。

text: Kazuhide Ueno(上野和秀) photo:RM Sotherby’s/Simon Clay

アストン 究極のコンペティションGT

スポーツプロトタイプ・マシンのDBR1で、1959年のル・マン24時間レースを制したアストン マーティン。しかし、国際スポーツカー選手権のタイトルがGTマシンに掛けられることになったため、各メーカーはコンペティションGTを開発する。

フェラーリは250GTOを送り出したのに対し、アストン マーティンは同様のコンセプトでDB4GTをベースに制作されたDP212を1962年に送り出す。ちなみにモデル名の「DP」は「デザイン・プロジェクト」を意味する。

1963年になるとウイークポイントを改良した進化型として、DP214が登場。それを基に、トランスアクスル・レイアウトを採用したエヴォリューション・モデルのDP215が1台のみ作られた。

DP215は1963年のル・マン24時間レースに投入され、フィル・ヒルとルシアン・ビアンキにステアリングが託され本領を発揮する。

ユノディエールのストレートでは198.6mph(317.7km/h)をマークし、フロントエンジンGTとして初めて300km/hを越えたマシンとなった。

レースは4時間目にギアボックスのトラブルでリタイアに終わり、翌月にジョー・シュレッサーのドライブで参戦したランスでもギアボックス・トラブルで終えしまう。

 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×