天空の玉座 エグゼクティブ・オープン・スポーツ対決 後編 回顧録

公開 : 2018.09.23 16:10

DBSはフィードバックが不足

そして、そういう走りがお望みならばESPをオフにすれば(あくまで自己責任で)思い切りテールスライドを満喫できるわけだが、このアビリティは実に魅惑的であると同時に、それだけのパワーを備えた後輪駆動車なのだと考えると恐ろしくもある。

ただし、問題がなくもない。確かにDBSはいくらでも攻めていけるクルマだが、ライバルに比べてステアリングのフィールにダイレクト感が欠けているのだ。さらに、シートを通じたフィードバックも、なにか遠くの出来事のように薄い。ガヤルドはもちろんGTCでさえ、下にある路面の感覚やクルマとの対話ははるかに濃密だ。DBSにはそのような一体感が欠けている。

ガヤルドは路面に触れているかのように、微細な情報まで伝えてくる。そのメッセージは直接的かつ瞬間的で、曖昧さは一切ない。なのに、乗り心地が犠牲になっていることもまったくないのである。このクルマは今回の3台ではもっとも乗り心地が硬く、GTCやDBSの可変サスペンションをハード側に設定にしたときよりも硬いくらいなのだが、それでも決して不快ではない。

減衰力をノーマルに設定したDBSは、当然ながらそれよりも衝撃吸収性が高い。スポーツモードでは時として突き上げを感じるが、それでもまず不快に思ったりはしないだろう。しかし、不快なきしみ音が格納式のカーナビのスクリーンから聞こえるのはともかく、ダッシュボードそのものからも出るのは小さからぬ問題と言える。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ベントレー コンチネンタルの人気画像