ジムニー×ランドクルーザー 英国で、比較試乗 優れた走破性とキャラ評価

公開 : 2018.11.18 17:40  更新 : 2021.01.28 18:18

ボディサイズの違いは、単なる遠近感による見え方の違い程度のことなのかもしれません。スズキ・ジムニー・シエラと比較するのは、トヨタの大型SUV、ランドクルーザー。英国編集部のマット・プライヤーが、ボディサイズとは関係のない、両車の優れた悪路走破性を確かめます。

もくじ

ワン・アンド・オンリーの四輪駆動モデル
ラダーフレームに自然吸気エンジン
デフロック機能は欲しい
アフリカで選ばれるランドクルーザー
両車それぞれの価値
番外編:英国編集部、マット・プライヤーのジムニー
2台のスペックのスペック

ワン・アンド・オンリーの四輪駆動モデル

ワン・アンド・オンリーともいうべき、軽量な四輪駆動モデルがスズキジムニー・シエラ。3.6mの短い全長は、驚くべきことに先代よりもさらに短く、1135kgの車重は、大きなレース用のツールボックスと同じくらいの重さ、というのは大げさか。

このクルマのオフロード性能を確かめるために選んだのは、起伏の激しい使用されなくなった採石場。山羊の群れが自由に跳ねる中、わたしがライバルに指名したのは、轍を縫って走る重量級のワイルドなモデル、トヨタランドクルーザーだ。最新の4代目ジムニー・シエラは、ランドクルーザーの隣に並ぶととても小さく見える。初代と変わらず、もともとは日本の軽自動車規格に合わされて作らているから、当然だろう。日本の軽自動車版ジムニーは、黒いオーバーフェンダーが付かないから、全幅は更に狭い。

ジムニーは、実用的で堅牢な、ジープ・ライクなクルマだが、初代が登場したのは1970年。軽自動車規格の枠の中で誕生した、初めての四輪駆動モデルだった。初代ジムニーは11年間生産され、続いて登場した2代目ジムニーは、17年に渡って生産されている。2代目は英国でも「スズキ・ジープ」として呼ばれ、広く知られるようになった。その後登場した先代の3代目は20年間のモデルライフを過ごしており、不思議なことに徐々に長くなっている。

最新モデルは3代目よりも全長が短くなっているが、わたしの目にはひとまわり大きくなったように見える。恐らく直線的で角ばった、ディフェンダーやジープ、Gクラス、あるいはオリジナルのSJ型ジムニーに似たエクステリアデザインをまとっているからだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×