アウディ、A3スポーツバックeトロンを廃止 WLTP対応が理由

公開 : 2018.11.27 10:40

eトロンの拡大急ぐ

アウディは現在PHEVを販売していないことになるが、EVとしてのeトロンのラインナップ拡大を急いでいる。その最初のモデルであるeトロンSUVは9月に発表され、2019年初頭には英国で納車が開始される予定だ。

Q5とQ7の中間のサイズであるこのeトロンを皮切りに、2025年までに12車種のEVを投入する計画だ。

さらに2020年までに20のeトロン・ファミリーを追加し、その一部分は現行モデルのPHEV仕様となる。

排出ガス規制が厳格化される中で、英国でのPHEV需要は減少傾向にある。これは政府による2500ポンド(36万円)の補助金が打ち切られたことが原因だ。現在は電動航続距離112km以上のクルマに対して51万円の補助金が交付されている。

関連テーマ

人気テーマ