メルセデス・ベンツGLB 純EVのEQBとともに登場か 航続距離約500km

公開 : 2019.01.15 18:00  更新 : 2019.01.15 18:01

メルセデス・ベンツのSUVファミリーを完成させるGLBは今年発表予定ですが、専用デザインを持つ電気自動車版のEQBも一緒に登場するようです。

もくじ

新たなSUV 今年登場へ
EQブランド新モデルも登場

新たなSUV 今年登場へ

工場関係者によると、先日発表された電動SUVであるEQCの下に位置するEQBはGLBをベースとした専用デザインのボディを持ち、航続距離は約498kmとなるとのこと。

X247の型番を持つ新しいSUVはアウディQ3やBMW X1、レクサスNXなどをライバルとしている。ラインナップの位置も価格もGLAより一段階上で、今年9月のフランクフルトモーターショー、そして英国内の販売は来年初めに始まるだろう。

GLBのラインナップは直列4気筒ガソリンエンジンとディーゼンルエンジンを搭載したグレードを基盤とするが、PHVモデルやEVモデルもローンチからそう遠くない時期にリリースされると予想する。

メルセデス・ベンツのMFA IIプラットフォームを採用する8つ目のモデルとなり、ホイールベースは中国専売のAクラスLサルーンが持つ2789mmと一緒になる。GLBではGLAよりも広い荷室を確保するために、リアのオーバーハングが大きく作られている。

全体的なデザインはGLSの形状にGクラスが持つ無骨でワイルドなテイストが加えられている印象だ。後ろの角ばった形状はクラス随一のラゲッジスペースを確保するため。5人乗りモデルと7人モデルが用意される見通しだ。

関連テーマ