スコダ・ラピッド・スポーツ・コンセプトをヴェルターゼで発表

公開 : 2013.05.08 10:23  更新 : 2017.06.01 01:52

スコダはフォルクスワーゲン・ヴェルターゼ・フェスティバルで、ラピッド・スポーツ・コンセプトを発表する。

このモデルは、ラピッドの可能性を追求したモデル。エクステリアは、19インチ・ホイールと、大きく開いたフロント・グリル、よりアグレッシブなスポイラーとスカートを履く。リアには、ツイン・テールパイプとカーボンファイバーのアクセントが付けられる。また、このコンセプト・モデルのカラーリングは、スティール・グレーとコリーダ・レッドにペイントされる。

インテリアではレカロ・ルポーつ・シートと、イルミネーション付きのシル・プレートが付く。また、ステアリングはフラット・ボトムのスポーツ・タイプに代えられてりう。

現時点では、スコダ・スポーツのメカニカル・スペックは言及されていない。現時点で最も強力なバージョンは120bhpを発揮する1.4ℓバージョンだ。但し、そのベースをポロと共有することから、ポロGTIに搭載される178hpエンジンを移植することは可能だ。

スコダの社長、ウィンフリート・ヴァーランドは、ラピッド・スポーツは、断然ダイナミックで、エモーショナルなバージョンだ、と語っている。

関連テーマ

人気テーマ