ヴォグゾールVXR8ツアラー

公開 : 2013.05.13 08:59  更新 : 2017.05.29 18:29

■どんなクルマ?

あなたは英国で販売されているエステートの中で、最も大きな排気量を持つモデルがこのヴォグゾールVXR8であることを知っているだろか。知っているならOKだ。そして、そのブート・スペースがリア・シートを起こしても895ℓ、そしてフラットにすれば2000ℓにまで跳ね上がることを知っているのなら、そしてそれだけのブート・スペースを必要とするのなら、何も考えずに買うことをおすすめする。

新しいホールデン・コモドアが今年後半にデビューする予定ではあるが、このVXR8は、オーストラリア生まれの現行ホールデン・スペシャル・ビークルズ・クラブスポーツの英国バージョンにあたる。

エンジンはリバッジされたサルーンや、マロー・ピックアップと同じように、425bhpを発揮するGM製の6.2ℓLS3 V8エンジンを搭載する。トランスミッションは6速マニュアルが標準で、オートマティックもオプションとして用意される。また、リミテッド・スリップ・デフは標準装備だ。

■どんな感じ?

その強大なパワーを誇るエンジンと2915mmのホイールベースという組み合わせだが、スイッチでオン/オフできるスタビリティ・コントロールを入れておけば、56.0kg-mのトルクでも安定した走行が可能だ。しかし、VXR8は、洗練された£49,500(772万円)のエステートでもなければ、ドイツ・クオリティのキャビンもなく、そのマテリアルも素晴らしいとは言いがたい。しかしVXRのコクピットは機能的で、わかりやすいものであることは確かだ。

室内はとてつもなく広い。それは正しく評価しなければならない点だ。

また、20インチ・ホイールと35プロファイルのタイヤという組み合わせにもかかわらず、乗り心地は意外にも良い。フロント・ストラット、リア・マルチリンクというレイアウトのサスペンションが、思いの外洗練されており、スムーズな乗り心地と直進安定性をもたらしてくれている。更に、ハードなコーナリングでもボディ・ロールは良く抑えらている。

VXR8は高速道路でも軽やかだ。法定速度ではエンジン回転数は1800rpmにすぎない。油圧のパワー・ステアリングもアシストにすぐれ、まっすぐに気持ちよく走ることができる。

ワイディングでは、全長4971mm、全幅1899mmというサイズから想像がつくように決して機敏ではないが、気持ちのよいほどバランスが保たれた走りが可能。ブレーキは、重いノーズをコーナーに押しこむ。状況が許せばテール・ハッピーなドライビングも楽しめるクルマである。

■「買い」か?

アイドリングではゆるやかにクルマは震えるし、低速では唸りを上げる。そういった意味においても、ヴォグゾールVXR8は、楽しみが一杯のクルマだ。そして、何よりもそのブート・スペースの広さは魅力である。

しかし、その反面、£49,500(772万円)もするのに衛星ナビはついていないし、CO2排出量は324g/kmと最悪に近い値を持つ。

広さが必要ならば、購入するに値するクルマではあるが。

(マット・プライヤー)

ヴォグゾールVXR8ツアラー

価格 £49,500(772万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 4.9秒
燃費 7.4km/ℓ
CO2排出量 324g/km
乾燥重量 1878kg
エンジン V型8気筒6162cc/td>
最高出力 425bhp/6000rpm
最大トルク 56.0kg-m/4600rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記