比較試乗 半世紀前のイタリア製スパイダー アルファ vs フィアット 乗って帰るなら?

公開 : 2019.06.17 17:10

レストア費用は高額に

「正しくコンバートされている右ハンドル車であれば、左ハンドル同様に運転が楽しいと思います。英国にある2〜300台中およそ50〜70台がコンバートされており、40〜50台をわたし達が手掛けました。ただ、コンバートが粗悪な作業の場合、フロントウインドウとステアリングコラムの下を補強していない可能性があります。また、クルマというものが左右対称ではない点も留意して下さい。1973年以降のモデルでは反対側のフロアがわずかに高いため、身長が1.8m以上の場合、座面が高すぎて窮屈に感じます」

加えて痛みやすいボディにも注意が必要だ。「皆さんが見つけられる最も程度の良いレストア車を購入しましょう」とノリス。「作業の写真が残っていて、定評のあるショップが手掛けたことを確認して下さい。レストアプロジェクト中のクルマを購入した場合、容易に車両価格以上の費用がレストアに掛かります」

「ボディワークに少なくとも2万5000ポンド(324万円)、エンジンやサスペンションをリビルドするのにさらに1万ポンド(130万円)です。スパイダーにとっての最大の敵が、腐食と過去に行った質の悪い改装です。S2では、過去5年以内にフロントサスペンションに一切費用を掛けていないなら、オーバーホール代も見込むべきでしょう。クルマが見違えるようになりますから」

「S2のメンテナンス性が良いのは朗報でしょう。年間5000マイル(8000km)走り、何も問題なければ、300ポンド(4万円)で1年間の維持費をまかなえるはずです。程度の良いクルマを5年所有した場合、合計で4000ポンド(53万円)掛かるか疑問なくらいです」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×