比較試乗 半世紀前のイタリア製スパイダー アルファ vs フィアット 乗って帰るなら?

公開 : 2019.06.17 17:10

車両選びの注意点

DTRスポーツカーズ社のポール・デ・トゥリスは、反対にフィアットに熱心だ。「124でも1974年以前のクロームバンパーモデルが最も純粋で、軽量なうえ断然美しいです」と彼は語る。

「それ以降のクルマでも、改造して同じようにはできますが想像するほど簡単ではありません。ベストチョイスは(欧州仕様に装着された)ツインウェーバー搭載1608ccエンジンのBS、またはアバルトと基本的に同じエンジンとなる1756cc CSです。オイル交換を定期的に行えば決して故障しません」

「ただ、車両を選ぶ時には美しい外観やエンジンの調子だけに目を取られてはなりません。ボディのレストアは高くつきます」とデ・テゥリス。「例えば124のリアアーチは、単純な交換ができません。アウターが錆びていた場合は、インナーも錆びているので両方交換する必要があり、片側につき20時間は掛かります」

「リビルドには通常、約7〜800時間要しますが、これは良好な個体の目安です。リビルドの費用はどのスパイダーでも変わりませんが、クロームバンパー車両は同条件のモデルの倍は掛かります。1974年以前のモデルの場合、通常走行できるもので1万〜1万5000ポンド(130〜200万円)、万全を期すなら3〜4万ポンド(400〜530万円)用意することをお勧めします」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フィアットの人気画像

×