いつまでもクレイジーな4台 ケータハム・セブン比較試乗 前編

公開 : 2019.06.28 11:10

クルマに合ったエンジン

「メディアは、1400はトルクに欠けると批判しました。そのため、レシオが近接した6速ギアボックスを自社開発することにしましたよ。このギアボックスは重量29kgで、従来品のフォードのタイプ9という5速ギアボックスより6kg軽いのです。しかし、大きな排気量のエンジンが利用できることになったため、最終的にはVVTを採用しています。これで162psを発揮しながら欧州の排ガス規制をパスできるようになりました」

標準の1.6ℓのKシリーズエンジンは、ツインウェーバーのスーパースプリン1700ccクロスフローエンジンにも引けを取らない121psを発揮する。6000rpmで最高出力を発生するほど吹けも良い。スチュアート・ウィリーが所有する黄色いクルマに乗っていると、このエンジンの魅力を実感できる。ケータハム・セブンにぴたりと合っているのだ。

シャシーは古いモデルよりしっかりしているが、乗り心地は少し荒い。ステアリングホイールは小さく、ツインカムよりもクイックなレシオに設定されているが、それでもまだ十分に軽い。ケータハムは1990年代半ばに自社でラック&ピニオンを開発し始め、それまでよりレシオを8%高めたのだ。

最近の横浜ゴムのタイヤを履いているが、サイズはツインカムが履くNCTと同じ185/60だ。このタイヤはヨレが少なく、フェンダーが上下動する度に前輪が機能的に働いている印象を与えてくれる。Kシリーズのセブンは、車重550kg、最高速180km/h、0-97km/h加速6.2秒と、上手いところを突いている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事