ラディカル・ラプチャー(邦貨1200万円)に同乗 車重765kg、出力355ps

公開 : 2019.08.07 11:40

意外と快適 車内の評価

筆者がこのクルマの設計や存在感に感心しながら立っていると、ワークス・ドライバーのジョー・クロックが近づいて来て、その日の最後のヒルクライムになることを嘆いた。わたしもそれに同意したが、タイヤはほとんど新品に見えた。「最後に相応しい走りをしないと」と不気味につぶやいてから、彼はヘルメットを被った。

一度乗り込んでしまうと、車内は実に快適だった。表向きは、自宅に置いておけるサーキット走行専用車だが、ピットクルーがいなくても乗り込むことができる。しかし、そのレースカー譲りの資質は、いたるところに表れている。

ラディカルはヒーターと電動式ミラーを標準装備したが、快適装備はそれで全部だ。ダッシュボードの中央に備わるスクリーンには、デジタル表示のタコメーターや、重要な各温度が表示される。グラブボックスはなく、代わりにキルスイッチとサングラスを入れる小物入れが備わっている。あとはドライバーと同乗者、そして道路があるだけだ。

フォード・フォーカスから流用した2.3ℓ直列4気筒エンジンに火が入ると、エルゴノミクスに優れた意外な居心地の良さに感心していたことも忘れ、765kgの2シーター車に本当に355psも必要なんだろうかと思い始める。

ラディカルによれば、ラプチャーは0-60mph(約96.6km/h)を3.0秒で加速し、最高速度は165mph(約265.5km/h)に達するという。素晴らしい性能だ。そして間もなく、その性能を助手席に座っていても納得させられることになる。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ラディカルの人気画像