ラディカル・ラプチャー(邦貨1200万円)に同乗 車重765kg、出力355ps

公開 : 2019.08.07 11:40

本物のヘビーデューティー

3インチの専用エグゾーストから聞こえる快活な音は、GT3レースカーを思わせる。そしてフォード・フォーカスRS用ターボチャージャーの過給音は、思わず通りがかりの人がレットレアローズの航空機を探して空を見上げるほどだ。1速ギアにシフトした時に聞こえた鈍い音は、ラプチャーがその小さな姿にもかかわらず、本物のヘビーデューティー・ツールであることを思い出させる。

ラプチャーのエンジンは回転を上げると、そのサウンドはパワートレインを共有するホットハッチとはまったくの別物だった。鼓膜が避けそうな音だ。乗員のみならず、周囲にいる人の耳さえも。もっとも、そのお陰でわたしの叫び声はドライバーのジョーには聞こえず、彼はヒルクライムに向かう前にドーナッツターンで「タイヤを温める」ことに専念できた。

スタートラインに着いたとき、わたしは緊張していた。クルマは明らかに性能が高く、それに相応しいドライバーがステアリングを握っている。それが間違いないことを、わたしは確かに知っていた。

「のんびりしたパレードランが始まるわけではなさそうですね?」と、わたしはラプチャーの耳障りな唸り声に負けないような叫んだ。

「そんなことのために、わたしがここにいるわけではないからね」とクロックは返事をした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×