ラディカル・ラプチャー(邦貨1200万円)に同乗 車重765kg、出力355ps

公開 : 2019.08.07 11:40

ジャガイモバズーカの皮を被ったロケットランチャー

同乗者は、クルマの動きに合わせて自分でも驚くほど大袈裟に身体が反応することに気付く。しかし、抗うことは難しい。かなりのスピードでメルコム・コーナーに差し掛かったときには、本当に振り落とされるかと思った。タイヤのグリップは強大で、FIA認定済みシャシーは即座に反応する。

わたしはロールケージの一部を必死に掴んでいた。それでもラプチャーは走り続け、シケインや狭いフリントウォール・セクションで、ほとんど信じられないような動きを見せる。最後のストレートでは完全にミンチソースができあがっていた。

思考や知覚を整えている時間はない。しかし、狂ったようなペースで進みながらも、わたしは揺れが少ないことに感心していた。バンプの上を通過するときも滑らかで、まるでほとんど動かない空気の塊の中に身を寄せているようだ。実はラプチャーは非常によくできた、そして圧倒的に安全なクルマなのだ。

われわれの前を走っていた美しいデ・トマソP72に追いつくと、そのドライバーは敬意を表すようにラディカルを前に行かせた。なぜなら、もちろん、ラプチャーは敬意を集めるクルマだからだ。他のほとんどのクルマよりも小さくて低い。だが、これはジャガイモバズーカの皮を被ったロケットランチャーだ。

この日、ヒルクライムの観客たちに強い印象を与えたことは間違いない。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ラディカルの人気画像