新型 アウディS6アバントTDIに試乗 V6ディーゼルターボに48Vハイブリッド

公開 : 2019.08.30 09:50

新しいA6のスポーティバージョンとなるのがS6。欧州版ではディーゼルエンジンを搭載し、エステートボディの実用性を損なうことなくさらなるパワーを獲得しているだけでなく、48Vのハイブリッドシステムも採用しています。英国で評価しました。

もくじ

美しいワゴンボディにV6ディーゼル
価格を正当化させるA6と一線を画す走り
インテリアの雰囲気に反する排気音
先進的な技術と快適性という訴求力
アウディS6アバントTDIのスペック

美しいワゴンボディにV6ディーゼル

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

アウディにとってのディーゼルエンジンは、英国にとっての首相並に重要な存在だといったら、大げさだろうか。酸性雨の原因でもある窒素酸化物(NOx)の量が多いという理由などで、人気は低迷しているが、アウディはまだその可能性を信じている。ターボを組み合わせた力強さは、捨てがたいのかもしれない。

新しいS6アバントにも、ディーゼルエンジンが搭載されている。給油の際はポンプの油種に気をつけたい。3.0LのV6ターボには48Vのマイルドハイブリッドが組み合わされており、A6 50 TDIサルーンにも見られる内容。だが「S化」させるに当たり、パワーは増強されている。

アウディS6アバントTDI
アウディS6アバントTDI

アピアランスは、弟分のA6との差は小さい。フロントグリルにクロムメッキ処理されたパーツが増え、ミラーカバーもスタイリッシュなシルバー。4リングスの横には「S」のエンブレムが添えられ、アルミホイールは21インチの「アウディ・スポーツ」ブランドのものが奢られる。テスト車両の場合、ボディカラーは鮮やかなレッドで、それ以上の装飾は不必要そうだ。

アウディはステーションワゴンのエクステリアを、どうすれば美しくデザインできるのかを理解しているが、最新モデルでも外していない。静かに佇みながらも、動的な可能性を感じる。大きく伸びる水平基調のラインを、端正なプロフィールが引き立てている。

価格を正当化させるA6と一線を画す走り

インテリアでもA6とS6との大きな違いはない。このクラスでも最も優れていると評価できるインテリアだから、改善の余地があるわけではないけれど。シャープなラインで構成された視覚的に美しい造形が車内を覆い、黒のバルコナレザー張りのスポーツシートは、走りに相応の快適性とサポート性を与えてくれる。S6となっても、アウディの車内はリゾート地のように居心地が良い。

リアシートも背が高い大人でも不満のない広さがある。リアシートを生かした状態でのラゲッジスペースの容量は550Lで、このクラスのエステートとしては、特段大きいわけではない。多くのひとにとっては不満のない広さだと思うが、大型犬を飼っているオーナーには、ラゲッジスペースは少々手狭に映るかもしれない。また郊外の公園へ連れて行く場面でも、少々豪華過ぎる。

アウディS6アバントTDI
アウディS6アバントTDI

何よりもS6の価格、6万750ポンド(789万円)を正当化するのは、そのスパイスの効いた走りだ。A6とは明確に一線を画すドライビングが味わえる。S6は運転初心者でも速い。最高出力は349psで、最大トルクは2500rpmも回せば驚きの71.2kg-mを得ることができるのだから。

静止状態からの加速では、明確にターボラグを感じるが、高速道路などの合流加速時でも、そのギャップは体感させられる。一部のスポーツカー好きにとっては悪くない「味」かもしれないが、プレミアム・セグメントであることを考えると、指摘せざるを得ない。一度回転数が乗ってしまえば、みなぎる力感を味わえる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記