【さすがの超希少車】日産フェアレディZ432R(1970年) BHオークション

公開 : 2020.01.12 16:11  更新 : 2020.12.08 18:54

日産フェアレディZ432R(1970年)がBHオークションに出品されました。Z432を軽量化したモデルで、予想落札価格は7300〜8300万円。8050万円の高額落札となりました。

日産フェアレディZ432R(1970年)の概要

・5000万円からスタート
・8050万円で落札
・予想落札額は7300〜8300万円だった
・生産台数わずか30〜50台といわれる超希少車
・Z 432より100kg以上軽量なレース想定モデル
・標準車より0.2mm薄い鉄板のボディ
・耐久レース用の100L燃料タンクを装備
・走行距離計の表示は9万8040km
(落札金額には手数料等別途費用がかかります)

出品された日産フェアレディZ432R(1970年)
出品された日産フェアレディZ432R(1970年)

日産フェアレディZ432R(1970年)の詳細

第1世代のスカイラインGT−Rと同じ、2L直6DOHCのS20型ユニットを搭載したS30型フェアレディZの高性能モデルとしてラインナップされたZ432。その432をベースにレース参戦用のベースモデルとしてごく少数(30台から50台といわれる)製造されたのがZ432Rである。

ベースとなったZ432から実100kg以上もの軽量化が施されているのが特徴で、ボンネットにはFRP、ボディ外板にはS30の標準車よりも0.2mm薄い鉄板が用いられたほか、サイド&リアウインドウも軽量なアクリルだ。なお燃料タンクは耐久レースへの参戦を想定した100L容量(標準は60 L)の専用品が装備された。

出品車は車体番号PS30-00289の、正真正銘の432R。走行距離は9万8040km。
出品車は車体番号PS30-00289の、正真正銘の432R。走行距離は9万8040km。

エンジンは基本的にはZ432と共通だが、レースベースとしてチューニングを施すことが前提とされたためエアクリーナーは取り外されており、キャブレターのファンネルが剥き出しにされている。エンジンの最高出力自体は160ps/18kg−mとZ432からの変化はない。

内装も簡素化されておりラジオやヒーターといった快適装備は一切省かれているほか、シートもリクライニング機構の付かないフルバケットタイプが採用されている。あとはロールケージさえ装備すればすぐさまレース参戦可能というスパルタンな仕様である。
 
S30型フェアレディZをベースとした4 3 2 R仕様も多数存在する中、この出品車はPS30-00289の車体番号を持つ正真正銘の432Rであり、そのコンディションも非常に良好な極めてコレクタブルな1台である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

日産 フェアレディZの人気画像

×