ニュース

2019.05.08

フェアレディZ、ドイツでの評価は? RMサザビーズ・エッセン・オークション

編集部より

多くのフェアレディZが、エッセンで開催されたオークションに出品。アメリカでは確固たる人気の「Z Car」ですが、ドイツでの評価は? 画像15枚。

text: Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo: RM Sotheby’s/Tom Wood

S30〜Z32まで、フェアレディZが出品

様々なヤングタイマーが登場したRMサザビーズ・エッセン・オークションに、数多くのフェアレディZが出品されたのでご紹介しよう。

今回出品されたのは、

1975年ダットサン280Z(S30)
1982年日産280ZX(S130)
1982年日産280ZXターボ(S130)
1984年日産300ZXターボ50thアニバーサリー(Z31)
1992年日産300ZXツインターボ(Z32)

という5台で、S30からZ32までをカバーする。いずれもアメリカにデリバリーされた車両で、スイスのヤングタイマー・コレクションが2015年から2017年にかけて入手したものが出品された。

どれもコレクションにあった車両だけにコンディションは良く、1982年280ZXは走行3500マイル/5600km、1984年300ZXターボ50thアニバーサリーは2万3000マイル/3万6800km、1992年300ZXツインターボでは2万5000マイル/4万kmと低走行車が多かったのが特徴だった。

オークションの落札結果をみていこう。

 
最新海外ニュース