【プレミアムが与える価値観の変化】アウディA6アバント 40 TDI (4) 長期テスト

公開 : 2020.02.01 11:50  更新 : 2020.02.01 16:32

アウディA6が与えてくれる価値観の変化

アウディのドライバーへは、特定の良くない評判も聞こえる。でも、過剰と思えるほど丁寧にアウディを運転することで、周囲のドライバーが感じるであろう、違う驚きを楽しもうと考えている。

筆者はヒエラルキーの上側に位置する日がまだ浅い。40.7kg-mという太い低速トルクを活かし、渋滞集団から抜け出し、うぬぼれることもある。素敵な運転スタイルではないことはわかっている。アウディらしいドライバーという見られ方もされるはずだ。

アウディA6アバント 40 TDI スポーツ Sトロニック(英国仕様)
アウディA6アバント 40 TDI スポーツ Sトロニック(英国仕様)

2.0Lディーゼルエンジンの燃費性能はとても優れている。1回の満タンで1078km以上を走行できる。話は戻るが、トヨタ・アイゴも燃費では優れていた。

アウディの強みは燃費だけではなく、トルクと快適性。優れた乗り心地にある。考えを巡らせ、A6に乗っていると、人生の面倒さが減るような気がした。

アイゴのような、謙虚なクルマに戻れるだろうか。筆者はぜひ戻りたいと思っている。謙虚に運転することに、いつも喜びを感じる性格なのだ。

でもアウディA6からの眺めが素敵だから、特に急いで戻りたいとも思わない。人間は周囲の環境に適応できる動物。今はプレミアムなクルマが日常的にある。筆者の価値観にどんな素晴らしい変化が及ぶのか、客観的に知りたい。これも人間だからできることだ。

テストデータ

テスト車について

アウディ A6アバント 40 TDI スポーツ Sトロニック
新車価格:3万9850ポンド(557万円)
テスト車の価格:4万6935ポンド(657万円)

テストの記録

燃費:16.8km/L
故障:なし
出費:なし

気に入っているトコロ

目を引く外観:毎朝、毎晩クルマを目にするのが楽しい。低く肉厚で幅広い。かなり存在感がある。

気に入らないトコロ

1つにはまとまらない:大きなグリル。美しいとはいえず、魅力的なフロントマスクを台無しにしていると思う。スター・ウォーズシリーズのカイロ・レンを思い出してしまう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×