【死ぬまでに一度は運転しておくべき?】最高の50台 一挙ご紹介 1位を発表

公開 : 2020.03.01 18:50  更新 : 2021.02.17 17:44

英国版AUTOCARスタッフ、アンドリュー・フランケルが独断と偏見で死ぬまでに運転しておくべき50台をリストアップしました。控え目とも言えるモデルからスーパーカーまで、ランクインしたのはいずれも個性溢れる1台ですが、1位となったのは納得のあのクルマでした。

もくじ

1位:フェラーリF40
これで十分
まるでカート
野生のエンジン
敬意と信頼
エンツォの精神
番外編4:惜しくもランク外 各社最高のモデル

1位:フェラーリF40

それほど頻繁にではなかったが、これまで運転したなかで最高のロードカーというフェラーリF40の地位が揺らいだことは確かにあった。

数年前、ラフェラーリが登場した時や、かなり前だがマクラーレンF1のステアリングを握った時がそうだった。

フェラーリF40
フェラーリF40

だが、落ち着いて考えてみれば、やはりエンツォ最後のモデル、F40がトップであることに変わりはなかったのだ。

F40とはまさにエンツォそのものだ。

つまり、大胆で率直。

「このクルマは速すぎる。漏らすなよ」というエンツォの発言が伝えられている。

1987年当時はそう言われても仕方なかったかも知れないが、われわれも恐怖には慣れて来ている。

もはやかつてのように、テレビで映画「サイコ」が始まっても部屋を飛び出したり、「エクソシスト」が上映されても吐き気をもよおしたりはしないのであり、ポール・ヴィンケルマンが所有するF40のシートに身を委ねても危険はないだろう。

だが、それがコッツウォルズにあるボブ・ホートンのフェラーリ専門ガレージ、BHフェラーリからこのクルマを借りてきた理由ではない。

このクルマがどれほどの速さを備えているかなどとは関係なく、F40をこの目で見て、そのサウンドを耳にし、そして何より最後にもう一度、五感でこのクルマを体験したかったのだ。

これで十分

ポールのF40は完ぺきな状態とは程遠いからこそ、完ぺきだと言える。

完全にオリジナルの状態を保っており、触媒コンバーターもなければ調整式サスペンションも備えていない。

幸せな場所:フランケルはこのまったく飾り気のないコックピットでの一瞬一瞬を楽しんでいる。さまざまなサウンドが入り混じる様子はまるで常に変化し続けるBGMであり、タッチスクリーン式インフォテインメントなどが入り込む余地はない。
幸せな場所:フランケルはこのまったく飾り気のないコックピットでの一瞬一瞬を楽しんでいる。さまざまなサウンドが入り混じる様子はまるで常に変化し続けるBGMであり、タッチスクリーン式インフォテインメントなどが入り込む余地はない。

BHフェラーリにおけるF40の第一人者、ラッセル・スミスによれば、所有するにはもっとも理想的な個体だと言う。

ボディには目立たない傷がついているが、中味の状態は完ぺきで、完全にスタンダードなスペックを保ちつつ、最高の状態が維持されている。

そして、いつも通り決まり事もない。

キーが手渡され、気が済むまで走り回ることが出来るのだ。

素晴らしい。

F40へと近づくと、まずこのクルマのスタイリングが自らを主張する。

そしてドアを開けるとそこにはまったく虚飾などない。

バケットシートに腰を下ろすと、カーペットなどない剥き出しのフットウェルのうえ、カーボンファイバー製トンネルのなかに足を投げ出す形になる。

ドアハンドルは単なるケーブルであり、ダイアルはシンプルなブラックの文字盤にホワイトの表示だ。ダッシュボードは光りの反射を最小限に抑えるべくフェルトで覆われている。

辛うじてベンチレーションは備わっているが、それだけだ。そしてそれだけで十分だろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事