【好感度はクラス・ナンバー1】新型 プジョー2008 1.2ピュアテック 130に試乗

公開 : 2020.02.29 10:20

第2世代へと進化したプジョー2008。拡大し続けるコンパクト・クロスオーバーの分野で、独特の品性を備えた高好感度モデルといえるでしょう。英国では高い人気が予想される、1.2Lのガソリンエンジン版を評価しました。

もくじ

DS3クロスバックと共有のアーキテクチャ
ハンドリングも乗り心地も高水準
内外装のデザインはクラスで1番
ライバルモデルより高い好感度
プジョー2008 1.2ピュアテック 130 GTラインのスペック

DS3クロスバックと共有のアーキテクチャ

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
クルマは小さなパッケージングこそ良い、という考え方がある。あるいは、過ぎたるは及ばざるがごとし、という古い言葉もある。

従来からコンパクトカーを得意としてきたプジョーの、クロスオーバーの仕上がりはどうだろうか。ここのところ毎週のように、紹介するのはこのタイプのクルマ。

プジョー2008 1.2ピュアテック 130 GTライン(英国仕様)
プジョー2008 1.2ピュアテック 130 GTライン(英国仕様)

今回ご紹介するのは、新しく生まれ変わった2代目のプジョー2008。以前フランスで試乗した時は、とても好印象だったことは読者もご存知だろう。今回は、滑らかな道だけとは限らない、英国での走りを確かめる番となる。

定期的にAUTOCARをお読みいただいているのなら、プジョー2008の概要はご存知かもしれない。全長は150mmほど大きくなり、DS3クロスバックやオペル・コルサなどと共通のCMPアーキテクチャを土台とする。

動力は、内燃エンジンか電気モーターかを選べる。新しいプジョーを買う場合、モデルを決めたら、エンジンで走る従来的な自動車か、電気自動車かを選択することも、1つの流れとなる。プジョーの哲学だ。

純EVを購入するユーザー層が増えるのを温めるのに、賢い方法だと思う。プジョーによれば、英国では2008全体の購入者のうち、15%が純EVを選ぶと予想している。今回は1.2Lのガソリンターボ版を試乗してみよう。

ハンドリングも乗り心地も高水準

ハンドリングは夢中になるほど楽しいわけではないものの、2008はかなりエネルギッシュに向きを変えていく。ステアリングは反応に優れ予想がつきやすく、重み付けも自然。コーナーへ飛び込み、ピタリとラインを維持して旋回させられる。

グリップ力も、粗野な振る舞いにならない程度に良好で、姿勢制御にも優れる。ただし、ハイスピードで走らせて、爽快に楽しむようなクルマではないけれど。

プジョー2008 1.2ピュアテック 130 GTライン(英国仕様)
プジョー2008 1.2ピュアテック 130 GTライン(英国仕様)

日常的な速度域でいえば、まれにトゲのある乗り心地が垣間見られる。それでも、大部分の英国の路面を相手にしても、巧みに車内の快適性を保ってくれる。

舗装が剥がれて穴の空いたような場所では上品さに欠くとはいえ、リアにトーションビーム式サスを備えた背の高いコンパクトSUVだから、予想の範囲内。高速道路に乗れば、心地よく走るのに不足ない快適性がある。タイヤの転がり音や風切り音も、良く遮音できている。

DS3と同じプラットフォームを採用するだけあって、2008の走行時の洗練度は高水準。バギーのように柔軟で、あらゆる路面の乱れに立ち向かう準備は整っているようだ。

1.2L 3気筒ターボの最大トルクは23.4kg-m。充分な筋力を生かして、運転はとても安楽。エンジンの発するノイズも静かで、アクセルを踏み込んで回転数をレブリミット付近まで高めても、離れたエンジンルームから唸っているように感じられるくらい。

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事