【乗り心地は魔法の絨毯のよう】プジョー208 GTラインへ試乗 1.2L 3気筒 130ps

2020.02.06

100字サマリー

新しいプジョー208のトップグレードに英国で試乗しました。アウディやミニといったライバルに迫る価格となりますが、インテリアの質感や乗り心地、運転の楽しさなどで、引けを取らない内容を得ているといえるでしょう。

もくじ

プジョー508との共通性を感じる
印象的なほど優れているインテリア
魔法の絨毯のような、制御された浮遊感
高価格帯のライバルに負けない内容
プジョー208 ピュアテック130 GTラインのスペック

プジョー508との共通性を感じる

text:Kris Culmer(クリス・カルマー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
英国では初試乗となるプジョー製コンパクト、新しい208。同じく新しい508と明確にモデル・ファミリーを構成している。

ボディのデザインを見ただけでも明らか。コンパクトカーの中では、かなり斬新なスタイリングだといって良い。

プジョー208 ピュアテック130 GTライン(英国仕様)
プジョー208 ピュアテック130 GTライン(英国仕様)

ボディ両端を縦に彩る、ライオンクローと呼ばれるデイライトもそうだし、フロントノーズの大きな3桁のモデル名も同じ雰囲気。テールライトもグロスブラックのトリムで結ばれ、フォード・フィエスタやフォルクスワーゲン・ポロなどとは一線を画している。

ややデフォルメされたようなプロポーションと、今回の試乗車のマスタード・イエローというボディーカラーのおかげで、デザインの個性はより強調されている。20年ほど前のプジョー206と並べたら、時間の経過以上の変化を感じ取れそうだ。

上級モデルの508からのトリクルダウンは、インテリアにも見られる。先代モデルの208は、多くの人に受け入れられやすい普通のデザインだったが、新しい208は大きく刷新された。

運転席に座って初めに気づくのは、楕円形のステアリングホイールの小ささ。モニター式の3Dデジタル・インスツルメントより下に据えられている。

この3Dのモニターは、速度やナビゲーションの方向を示す矢印など、特定の情報がドライバーの近くに表示されて見える。実際に掛かったコスト以上に、プレミアム性を感じられる装備だと思う。

 
最新試乗記