ロードテスト ルノー・キャプチャー ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.03.28 11:50

使い勝手 ★★★★★☆☆☆☆☆

インフォテインメント

安価なグレードに装備されるディスプレイは7.0インチで、純正ナビは非装着車もある。対してテスト車であるSエディションは、最上位装備の9.3インチ版を装備している。

残念ながら、グラフィックの洗練性やレスポンスの点で、ほかに劣るところは少なくない。機能の切り替え時に明らかなラグがあるばかりでなく、それぞれのページもスムースにスクロールできない。どうにも克服できない扱いづらさがあるのだ。

テスト車であるSエディションのディスプレイは、最上位装備の9.3インチ版を装備している。
テスト車であるSエディションのディスプレイは、最上位装備の9.3インチ版を装備している。    MAX EDLESTON

とはいえ、少なくとも装備内容は充実している。ナビゲーションシステム、デジタルラジオ、Bluetoothは標準装備で、Apple CarPlayとAndroid Autoもインストール済みだ。Sエディションには、スマートフォンのワイアレス充電パッドも与えられる。

Boseサウンドシステムは、350ポンド(約4.9万円)のオプション。音質は上々だが、驚くほどではない。絶対に選びたいというほどのアイテムではなかった。

燈火類

LEDヘッドライトは全車標準装備。照射範囲も明るさも良好だが、ずば抜けたものではない。

ステアリングとペダル

中央寄りに配置されたブレーキペダルは幅広く、窮屈さを感じずに操作できる。しかし、浅いフットウェルにふたつ並ぶペダルは、ドライバー側へ寄りすぎに思える。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事