ロードテスト ルノー・キャプチャー ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.03.28 11:50

操舵/安定性 ★★★★★★★★☆☆

この分野では、なかなかいい出だしだ。ハンドリングは、このカテゴリーの数多いライバルたちと比べて、ナチュラルなフィーリングでも直観性でも上回っている。

大きくてスプリングの柔らかいSUVにつきものの印象とは違うが、引き上げた地上高に反して元気なハッチバックのように仕立てているのでもない。心地よくほどほどなのだ。

走りにうるさいドライバーなら、スタビリティコントロールやトラクションコントロールの介入が過剰だと思うかもしれないが、ステアリングとシャシーの相乗作用で、コーナーでの位置決めは容易にできる。
走りにうるさいドライバーなら、スタビリティコントロールやトラクションコントロールの介入が過剰だと思うかもしれないが、ステアリングとシャシーの相乗作用で、コーナーでの位置決めは容易にできる。    MAX EDLESTON

ステアリングのギア比は中庸なペースで、中立付近のレスポンスはプログレッシブなので、車線に沿って走るのは容易。サスペンションのスプリングの効きもほどよく、このクラスの運動性としてはスポーティなほうだが、ボディコントロールは良好で、シャシーのレスポンスはなかなかクリーンで歯切れがいい。

ステアリングはそれほど重くないが、適度に押し戻され安心感がある。だいたいのところ、正確さとリニアさを感じさせつつ、狙ったところを走ってくれ、たいがいは予測しやすい。車重の垂直方向の良好なコントロールは、速度を上げても保たれる。

スタビリティコントロールとトラクションコントロールは常時オンだが、介入は適度で、無理に割り込んでくる感じはない。こうした運動性のクオリティは初歩的なことのように思えるが、それを身につけているライバルは多くない。

このクラスのクルマは、高さを増したソフトなサスペンションと、アシストが効きすぎた操縦系を備えていることが多い。その結果、走りは直観的ではないものとなってしまいがち。今回のキャプチャーとは対照的だ。

横方向のボディコントロールも良好で、すぐに外輪側へ倒れ込むようなことはない。小型クロスオーバーは、えてしてそうした動きに悩まされ、ターンインで不安定だと感じさせるものだ。

それでも、キャプチャーはオプションの18インチタイヤを履いていてさえ、ハンドリングの敏捷性やグリップレベルの高さはそれほどでもない。その走りは、ドライバーを魅了し続けるほどの域には達していないのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事