ロードテスト ルノー・キャプチャー ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.03.28 11:50

結論 ★★★★★★★☆☆☆

2代目キャプチャーに関するルノーの仕事ぶりは、多くの点で正しいものだ。先代モデルよりプロダクトとしての完全さは高まった。キャビンは広さとリッチさを増し、テクノロジー系装備も大いに改善され、ハンドリングのキャラクターは安心感を高めた。

ハイブリッドやプラグインハイブリッドを含め、パワートレインのラインナップが拡充されれば、さらに際立ったクルマになるだろう。

結論:人気モデルになりそうだが、パワートレインは今回の仕様でないほうがいい。
結論:人気モデルになりそうだが、パワートレインは今回の仕様でないほうがいい。    MAX EDLESTON

ただ、選択は念を入れたい。というのも、今回テストした1.3Lガソリンの低出力版と2ペダルの組み合わせには、期待したドライバビリティや活発さがなかったからだ。以前に試乗したこれ以外のエンジンは、もっと出来がよかったのだが。

ぎこちなく、ときにノイジーな乗り心地にも、テスター陣はガッカリさせられた。初代に見られたしなやかさや滑らかさを期待していたからだ。これはパワートレインの欠点とともに、セールスポイントとなるべき運転の楽しさを損ねている。

それでも、万能性や質感は先代より向上している。さらに、ルックスやバリュー感も優れる。一般的なユーザーを納得させるのに、不足はないだろう。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

Sエディションに標準装備されるメーターパネルは、レイアウトが奇妙で好みではない。購入するなら、フルデジタルメーターが用意される半年後まで待ちたいところだ。いうまでもなく、その際にはパワートレインのラインナップも拡充される見込みだ。

サイモン・デイヴィス

ルノーは早急に、自動変速レバーのクオリティを改善するべきだ。これまで乗ったクルマの中でもとりわけお粗末で、手触りはまったくうれしくない。それにとどまらず、リッチさや質感の向上を望みたい。

オプション追加のアドバイス

さまざまな仕様を乗り比べた結果、おすすめは1.0LのMTモデルということになった。18インチタイヤは避けたいが、9.3インチのタッチ式ディスプレイは装備したい。

改善してほしいポイント

・EDCことDCTには改善を求める。イライラするくらいレスポンスが悪いところがある。
・高回転域のパワーデリバリーを、もっとフリーなものにしてほしい。
・先代モデルにあったような、好ましいしなやかさや滑らかさを取り戻してもらいたい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事