ロードテスト ルノー・キャプチャー ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.03.28 11:50

快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆

5代目クリオと同様に、2代目キャプチャーの乗り心地は、先代にあった、ゆったりとした滑らかさが目減りしている。上下方向のボディの動きは、以前より緊密に管理されているように感じられる。直線を速く走る際には、プライマリーライドに有益な緊密さがある。

だが、このコントロールが加わったことの副産物として、街乗りではやや柔軟さが足りなくなった。路面が悪いと、しばしば振動やよろめきが生まれるし、常にサスペンションの突き上げがキャビンに伝わってくる。

先代モデルのような、ゆったりとして滑らかな乗り心地としなやかな動きは失われてしまった。
先代モデルのような、ゆったりとして滑らかな乗り心地としなやかな動きは失われてしまった。    MAX EDLESTON

フォード・プーマやフォルクスワーゲンTロックならば、外的要因はもっとうまく遮断する。もっとも、今回はオプションの18インチタイヤを装着していたことが、マイナス要因となっていたのかもしれない。

それでも、ドライビングポジションはおおむね良好。ヘッドスペースはやや不足しているが、ステアリングコラムとシートベースの調整幅が大きい。シート自体はソフトすぎるところもあるが、長距離ドライブでも問題のないサポート性がある。

高速道路の速度域に入ると、風切り音とロードノイズが多少は気になるが、非難されるほどではない。室内騒音は、113km/h巡航で67dB。2017年に、セアト・アロナの95ps仕様で計測した70dBより静かだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事