トヨタ・カローラが累計販売4,000万台を突破

2013.09.05


トヨタ自動車は、カローラのグローバル累計販売台数が、本年7月末までに4,000万台を突破したことを発表した。

これは、1966年11月に初代カローラ2ドア・セダンが登場してから、46年 9ヶ月で達成したもの。トヨタにとって76年間にわたり販売した全てのクルマのうち、5台に1台がカローラとなるという。内訳は、国内の累計販売が約1,225万台、海外の累計販売が約2,777万台だ。

カローラは、発売から4年後の1970年にグローバル累計販売が100万台を突破、27年後の1997年には2,265万台に到達し、世界のベストセラーカーとなった。また、2002年以降、11年連続で年間100万台以上の販売を達成している。なお、昨年のグローバル販売は約116万台であり、世界で1日あたり3,180台が販売されたことになる。現在、カローラは150以上の国・地域で販売されており、日本2拠点を含む世界15拠点において生産されている。

現在、カローラの開発を担当している安井慎一チーフエンジニアは、「47年、11代にわたり、世界で4,000万人以上のお客様にご愛顧いただいたことに心から感謝申し上げます。カローラは世界中のお客様に育てていただいたクルマ。今後もカローラDNAを進化させ、お客様に笑顔になっていただけるよう、クルマづくりに邁進します」と語っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

トヨタ カローラの人気画像

×