【日本に導入】ロータス・エリーゼ限定車 クラシック・ヘリテージ・エディション JPS/エセックスも

公開 : 2020.05.15 00:01

JPSや、エセックスのカラーで話題となった「ロータス・エリーゼ」限定車が、日本発売。4種類の特別カラー「クラシック・ヘリテージ・エディション」として、受注が日本でも始まりました。価格も判明しています。

もくじ

4種類のテーマ どれを選ぶ?
エリーゼを、F1のカラーに
ゴールドリーフの内装は?

4種類のテーマ どれを選ぶ?

先日お伝えした英ロータスの限定車「エリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディション」が、日本でも受注を開始した。

本限定車は、924kgの車体に、1.8Lスーパーチャージド・エンジン(220ps/25.5kg-m)を積む、エリーゼ・スポーツ220 IIをベースに、レーシング・ヘリテージを表現した内外装を与えられたモデル。

黒地に金のストライプを配したエリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディション。
黒地に金のストライプを配したエリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディション。

日本向けの税込み車両本体価格は、いずれも759万円。全世界で100台だけの限定モデルとなる。

4種類のカラー・スキームが用意され、その中には、JPSカラー、エセックス、ゴールドリーフをイメージしたものもある。

エリーゼを、F1のカラーに

「赤/白/金」の組み合わせは、グラハム・ヒルが1968年シーズンを闘ったタイプ49B(ゴールドリーフ・カラー)を再現。

「青/白」の色使いは、ロータスがF1で初勝利した1960年シーズンのタイプ18に由来する。スターリング・モスがモナコGPを制したときのカラーリングだ。

青地に赤/銀のストライプを配したエリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディション。
青地に赤/銀のストライプを配したエリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディション。

「黒/金」の外板色は、フィッティパルディが1972年シーズンのF1で駆ったタイプ72D(JPSカラー)。

「青/赤/銀」は、マンセルやアンドレッティが走らせた1980年のタイプ81(エセックス)をオマージュしたもの。

ゴールドリーフの内装は?

「エリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディション」は、内装にも特別カラーパックが施され、アッパー・ドアトリム、シートセンターインサート、ギアセレクター周辺が外装色と同じテーマの色になる。

さらに、ダッシュボードにビルドプレートが設置される。

ゴールドリーフをテーマにしたエリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディションの内装。
ゴールドリーフをテーマにしたエリーゼ・クラシック・ヘリテージ・エディションの内装。

また、クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ&4スピーカー(日本標準装備)、エアコン(日本標準装備)、クルーズコントロール、超軽量鍛造ブラック・ダイヤモンドカット・アルミホイール、2ピース・ブレーキディスク、フルブラック・カーペットとブラックカーペット(フロアマット)が標準装備となる。

「青/白」の仕様については、レッドアルカンターラのシートセンターが採用されている。

なお、ハードトップ(ディーラーOP)、リチウムバッテリー&コンディショナー、チタニウムエグゾースト、10スポーク軽量鍛造グロスブラック・アルミホイール(無償選択OP)といったオプションも用意した。

 

人気記事