【2.5Lボクサーも】北米スバル・クロストレック(XV)改良新型 「スポーツ」登場

公開 : 2020.06.10 00:02

北米スバルの「XV」(北米名:クロストレック)に、2.5Lボクサーエンジン搭載車が登場。2021年モデルでは、フロントフェイスが意匠変更。さらに、専用デザインが与えられた「スポーツ」グレードが登場しています。

2.5L水平対向 北米仕様車に

北米スバルは、小型SUV「クロストレック」(日本名:XV)の2021年モデルを発表した。新たに、2.5Lエンジンがラインナップに加わっている。

クロストレック全車について、外観はフロントバンパーが意匠変更され、フォグライトまわりが新デザインに。フロントグリルもこれまでのものから見た目が変わっている。

北米スバルが発表したクロストレック・スポーツ(北米仕様)。
北米スバルが発表したクロストレック・スポーツ(北米仕様)。

2.5Lのボクサーエンジン(182hp)が搭載されるのは「リミテッド」と、新しく追加される「スポーツ」というグレード。2.0Lユニットが積まれるのは「ベース」「プレミアム」だ。

2.5Lユニットは、北米では2019年からフォレスターに搭載されている。組み合わされるトランスミッションはCVT(リニアトロニック)である。

・最高出力:182hp
・最大トルク:24.3kg-m

クロストレック・スポーツ 内装

2.5Lを積む「スポーツ」については、Xモードが搭載され「スノー/ダート」「ディープスノー/マッド」を選択できるほか、ヒルディセント・コントロールも装備される。

この「スポーツ」グレードは、専用デザインのホイールアーチ・モールディング、スポーツ・タイプ・17インチ・ホイール(ダークグレー仕上げ)を採用するほか、フロントグリル/サイドミラー/エンブレムがガンメタ・フィニッシュとなっている。

クロストレック・スポーツの内装(北米仕様:2021年モデル)。
クロストレック・スポーツの内装(北米仕様:2021年モデル)。

「スポーツ」では、内装が鮮やかなイエローステッチを楽しめるStarTex仕様に。

PVC、塩素のほか、使用規制の動きが強まっているマテリアルを製造時に使用しない軽量なウレタン素材を用いたのが特徴である。

改良新型スバル・クロストレック(北米仕様)は、米国で今夏発売される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スバルの人気画像