【幸福で満たされる】ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルへ試乗

2020.06.27

扱いやすさとパフォーマンスを兼ね備えたV8

クーペからルーフを切り落とすために、車体は補強され、車重は170kg増えている。2.3tもあるクルマだから、割合的な増加は大きくはない。コンチネンタルのパワートレインは、まったく意に介さず、ボディを進める。

一方で走行時の洗練性は、わずかだが明確に影響を受けている。それに気づくか、気にしないかは、ラグジュアリーモデルをどう楽しみたいかで変わる。

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)
ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)

金色のリングで縁取られた、トランスミッション・トンネル上のスターターボタンを押す。遠くから、V8エンジンの艷やかなサウンドが響いてくる。ルーフがないぶん、エンジンが放つ脈動を、ドライバーは直接的に感じ取ることができる。

同じボタンの外周リングを回し、ドライブモードを選ぶ。デュアルクラッチATは、わずかにぎこちない。変速の振る舞い自体は良いのだが。

パワートレインは、常にドライバーを満たしてくれる。ラグジュアリーなグランドツアラーに求める、扱いやすさと秀逸のパフォーマンスを兼ね備えている。W12気筒では得られない、鋭いレスポンスとサウンド、気持ち良い吹け上がりも楽しめる。

ハンドリングは、オプションのベントレー・ダイナミック・ライドを装備していれば、コンフォートからスポーツ・モードへ切り替えると、コーナリング時の明確な違いを体験できる。試乗車にも装備されていた。

スポーツ・モードでは、常に80%以上のトルクがリアタイヤへ伝わるように制御される。サスペンションもスポーティさを増す。

 
最新試乗記

人気記事