【幸福で満たされる】ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルへ試乗

2020.06.27

見事な調和に仕上がったインテリア

W12エンジンより軽量で、ハンドリングはわずかに鋭い。エグゾーストノートも、刺激的だ。AUTOCAR英国編集部の中でも、最も支持が高い。

0-100km/h加速なら、4秒程度でこなせるパワーも備える。今回英国で試乗した、コンバーチブルでも変わらない。

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)
ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)

クーペのコンチネンタルGT V8と同様に、コンバーチブルも4シーター。異なるのは、雨風を凌ぐのが電動ソフトトップになることだけ。走行中でも48km/h以下でなら開閉が可能。ボタンに触れるだけで、20秒で頭上には大空が広がる。

ソフトトップを収容する都合で、リアシートの空間はクーペほど広くはない。充分な空間は残っているとはいえ、長時間乗っていられるのは子供程度だろう。

インテリアは、ベントレーらしく贅を尽くした素材が用いられ、実際に触れた時の印象も素晴らしい。どんな大人でも満足できるはず。

レザーとウオールナットが組み合わされたダッシュボード。クラシカルな操作スイッチと、美しい装飾が施された計器類。LEDのアンビエントライトとタッチモニターが、そこへ融合している。これほど見事な調和に仕上がるとは、実際に目にするまで想像できないと思う。

ドライバー正面のスピードメーターとタコメーターは、精細にモニターへ描き出されたもの。電源が落ちるまで、メーターが物質として存在しないとは、気づかないかもしれない。

ダッシュボードの中央にも、ワイドなインフォテイメント・システム用モニターが据えられる。好まなければモニターを反転させ、クラシカルな時計のみの眺めに変えることもできる。

 
最新試乗記

人気記事