【世界で最も売れるSUVの1台】ホンダCR-V(1) ハイブリッド版を長期テスト

公開 : 2020.07.12 11:50

世界で最も売れているSUVの1台が、ホンダCR-V。5代目も従来どおり快適で洗練され、車内は広々。一方で新しくハイブリッドを獲得したことが特徴です。期待通りの仕上がりなのか、長期テストで英国編集部が確認します。

もくじ

初回 新スタイルのSUVとしてのパイオニア
2.0L 4気筒に2モーターのハイブリッド
エントリーグレードでも装備は充実
初代同様の存在感を示せるか
セカンド・オピニオン
テストデータ

初回 新スタイルのSUVとしてのパイオニア

text:Mitch McCabe (ミッチ・マッケイブ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
初代ホンダCR-Vが登場したのは1995年。現代的な新スタイルのSUVとして、パイオニア的な存在だった。

必ずしも四輪駆動である必要がないユーザーに対し、SUVへ求める不足ない実用性を与えてくれた。当時のCR-Vの荷室床面はピクニック・テーブルになったり、テールゲートを開けて、12Vソケットからシャワー用ポンプを動かすことも可能だった。

ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)
ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)

異彩を放っていたのが、無骨なオフロード・モデルではなく、乗用車に似たドライビング体験を得られたこと。トヨタRAV4やランドローバー・フリーランダーも同様だ。

初代の登場から25年。5代目へと進化を続けてきたホンダCR-Vは、世界で最も売れているSUV、という称号も獲得。SUVらしいボディサイズと使いやすいインテリア、走りの面でも妥協のないブレンドが、SUV人気の急速な高まりを後押してきしたといえる。

今回の長期テストでは、AUTOCARのビデオクルーにも積極的に利用してもらおうと考えている。CR-Vの荷室はビデオ機材でいっぱいになり、何度も機材の積み下ろしが繰り返されることになる。

ビデオクルーは、ロンドン南西部のAUTOCARの事務所から、全国のロケ地へ機材を積んで遠征する。長距離移動の中で、CR-Vの実用性や快適性、経済性もしっかり確かめられるはず。

発売当時、ライバルは数える程度だったCR-V。現在比べられるモデルは、無数にある。

2.0L 4気筒に2モーターのハイブリッド

新型で注目すべきは、ハイブリッド・システムを獲得し、アドバンテージを保とうとしていること。長期テストでは、ハイブリッドの実力も含めて、CR-Vで得られる体験をレポートしたい。

今回選んだのは、ホンダCR-Vの2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVTと呼ばれる英国仕様。ちょっとわかりにくい名称だ。

ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)
ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)

ハイブリッド仕様のCR-Vには、2基の電気モーターでアシストされる2.0Lの4気筒ガソリンエンジンが搭載されている。エンジンは、熱効率に優れるアトキンソンサイクルを採用。ハイブリッド化による燃費性能を、さらに引き上げる目的があるはず。

組み合わされる2基の電気モーターのうち、1基はクルマを走らせるため。もう1基は発電するために機能する。

特に燃費は、フォトグラファーも重視する大切な要素。毎年赴く、英国西部のスノードニア国立公園までのロケでは、メーカー値の13.7km/Lという燃費を超えることができるだろうか。

ガソリンエンジンと電気モーターのパワーは、CVTを介して四輪へと伝えられる。トラクションの不足や急な傾斜地などを判断し、前輪と後輪へ伝えるトルクの割合を電子制御してくれる。日常の運転で優先されるべきは、滑らかなドライビング体験だ。

四輪駆動とCVT、SUVという組み合わせがどんな仕上がりなのか、とても興味深い。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記