【992ラインナップ拡大】新型ポルシェ911ターボ クーペ/カブリオレ発表 水平対向6気筒は580ps 日本価格も

公開 : 2020.07.16 21:24  更新 : 2020.07.17 14:10

992世代のラインナップに、3.7Lツインターボユニットを搭載した、ターボ・クーペとカブリオレが追加されます。0-97km/h加速2.8秒と、最高速度320km/hを達成する、四輪駆動となるそうです。

新しい911ターボ

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

ポルシェは、新しい911ターボのクーペとカブリオレを発表した。

450psカレラ4S、および今年初めに発売された650psを発揮するターボSの、ギャップを埋めるモデルとなる。

ポルシェ911ターボ・クーペ
ポルシェ911ターボ・クーペ

ツインターボチャージャー付き3.7L直列6気筒を搭載し、580psと76.5kg-mのトルクと、0-97km/h加速2.8秒、最高速度320km/hを達成する。

991および992世代の911ターボより、出力が40psと5.1kg-m高くなる。 

911ターボは、WLTPサイクルで燃費9.6~10.0km/Lおよび、CO2排出量271〜284g/kmを達成する。

ハイパワーモデルと同様、8速PDKギアボックスを介して、四輪すべてに動力が送られる。

また、ポルシェのトラクションマネジメントアクティブ四輪駆動システムは、以前のシステムよりも多くのトルクをフロントアクスルに送ることが可能となる。

ターボには可変ジオメトリ・ターボチャージャーが備わり、電子制御バルブを使用して、エンジンの速度と負荷に合わせてブーストレベルを調整する。

対称的に取り付けられたターボチャージャーのコンプレッサーとタービンホイールは、反対の方向に回転し、新しい給気冷却システムとピエゾ燃料インジェクタとともに、エンジンをより自由に回転させ、スロットル応答を向上させる。

スタイリング

よりパワフルな兄弟モデルと同様、幅広リアアーチに大きなエアインテークと、際立った可変リアスポイラーを備えている。

Sバージョンのツインパイプとは異なる、4本のスクエアエグゾーストパイプが採用されている。

ポルシェ911ターボ・クーペ
ポルシェ911ターボ・クーペ

フロントエンドには、電子制御のクーリングフラップと標準の911よりも大きなフロントスポイラーを備えている。

ステアリング精度の向上のため、先代ターボモデルに比べて、トレッドがフロントで42mm、リアで10mmそれぞれ広くなっており、停止性能向上のため、フロントブレーキディスクが28mm大きくなっている。

ターボには、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)が標準装備されており、レスポンスと快適性をバランスよく提供すると言われている。

オプションのPASM スポーツシステムは、俊敏性を高めるため、サスペンションが強化され、車高が10mm下げられている。

オプションのアップグレードには、油圧式アクティブ・アンチロール・スタビライザーと、フロントアクスルに10ピストンキャリパーを備えた、セラミックブレーキのセットがある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事