【NASAの技術】ハイペリオンXP-1 水素燃料スーパーカー、8月に公開へ

公開 : 2020.07.20 17:50

米スタートアップのハイペリオンが開発中のスーパーカー「XP-1」が、8月にオンラインで公開されます。NASAの技術が使われているという水素燃料のパワートレインを搭載し、そのパフォーマンスに期待が集まります。

もくじ

水素で走る宇宙技術のスーパーカー
少量生産が現実的か

水素で走る宇宙技術のスーパーカー

アメリカの新興企業であるハイペリオン(Hyperion)社は来月、水素を燃料とするスーパーカー「XP-1」を発表する予定だと明らかにした。

NASA米航空宇宙局が開発したドライブトレイン技術が用いられており、そのパフォーマンスに期待が集まっている。

ハイペリオン(Hyperion)が公開したXP-1の予告画像。
ハイペリオン(Hyperion)が公開したXP-1の予告画像。    ハイペリオン

公開された映像では、もともとNASAのために開発された技術を応用した「高性能でゼロエミッションの水素電気パワートレイン」を搭載していると謳われている。

ガソリンやディーゼルに代わる環境に優しいパワートレインであり、ロータス・エヴァイヤやリマックC_Twoのようなバッテリー駆動のスーパーカーよりも実用的であるという。

少量生産が現実的か

2011年にCEOのアンジェロ・カファンタリスによって設立されたハイペリオンは、XP-1の姿を部分的にしか見せていないが、大まかなスタイリングは明かになりつつある。

ブガッティ・ヴェイロンを彷彿とさせるワイドなフロントエンドと、クーペスタイルの滑らかなルーフライン、全体的に曲線基調の丸みを帯びたフォルムが採用されている。

ハイペリオンXP-1。どことなく宇宙船を彷彿とさせるフォルムだ。
ハイペリオンXP-1。どことなく宇宙船を彷彿とさせるフォルムだ。    ハイペリオン

2人乗りか4人乗りかは不明。

ハイペリオンはXP-1の性能については口を閉ざしたままで、最新のスーパーカーに匹敵する性能であると述べるに留めている。

当初XP-1が公開される予定だったニューヨークモーターショーがコロナウイルスの影響で中止されたため、8月にオンラインで公開されることになった。

価格や生産体制の詳細はまだ確認されていないが、その性能と複雑な構造から、極めて限られた台数での販売が予想される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事