【オリジナルペイントのHRG】自らボディを作った赤いHRG 1500を復元 前編

公開 : 2020.08.15 07:20  更新 : 2020.12.08 08:35

HRGエンジニアリング社最後のスポーツカーが1500。その中の6台はムーア&タイ、今のヘースティングズ・モーターシート・メタルワークス社がボディを手掛けました。貴重な1台を、当時のボディ職人が今も大切に乗っています。

もくじ

半分だけ残る、赤いオリジナルペイント
20年近く製造されていたHRG 1500
空気力的要素は皆無の古いデザイン
エルヴァ製モデルのボディも手掛けた

半分だけ残る、赤いオリジナルペイント

text:Jack Phillips(ジャック・フィリップス)
photo:John Bradshaw(ジョン・ブラッドショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
剥がれかけた塗装を傷めないように、エンジンカバーを注意深く開く。65年もののオリジナルペイントだ。バルクヘッド間際に収まる、1496ccのオーバーヘッド・カムエンジンが姿を見せる。

このクルマが生まれた当時は、電話番号にも空きが残っていた。コーチビルダー、ムーア&タイの名前が刻まれたプレートに載る、ヘースティングズの539番で電話はつながった。少し前までなら、イアンの父、アランEJジェンナーが電話に出たらしい。

HRG 1500(1955年)
HRG 1500(1955年)

会社の名称はムーア&タイからヘースティングズ・モーターシート・メタルワークス社へと変わっている。だが539の電話番号は、今でも空けてあるそうだ。

赤いボディの小さなHRG 1500は、アランにとって大切な記憶の一部。時間をかけて探しだし、今は英国南部、ヘースティングズの海岸の街で余暇を楽しんでいる。

1500は、HRGが製造したモデルの中で、100台以上と最も数が多く作られた。今回の赤い1500は、HRG末期に製造された1台。アランEJジェンナーが創業したコーチビルダー、ムーア&タイ社がボディを手掛けた6台のうちの、1台でもある。

アランが説明する。「ボディのペイントがなぜこんな状態なのかは、わかりません。その先が塗装ブースでした」。古いワークショップの隣りにある、切妻屋根の建物を指差した。

アルミニウム製パネルに残る、カーネーション・レッドの塗装は半分程度。その下から、手作りのボディが顕になっている。パネルの隙間はピッタリ揃い、カーブや溶接の跡もわからない。

20年近く製造されていたHRG 1500

走行距離は4万8000kmにも満たない。数少ない、現代に残った生存者だ。

「昔はロンドン郊外のトルワースまで行って、シャシーを引き取っていました。仕事で一番楽しい時間でした。天候を問わず、バケットシートを1つ付けた裸のシャシーを運転して、工場まで戻ったんです。今では想像できませんよね」 88歳のアランが振り返る。

HRG 1500(1955年)
HRG 1500(1955年)

「2枚の仮ナンバー・プレートの内、1枚は1台目の前に、もう1枚は2台目の後ろに付けて走らせていました。ある日、途中のカフェでパンとお茶で休憩をしていると、バイクに乗った警官が来て、駐車場を歩いて確認し始めました」

「カフェのドアに近づいて来たとき、ナンバーの件が見つかった、と思いましたが、気づかなかったようです」。ボディを架装するために、ムーア&タイ社へ向かう途中だった。最後のHRGも、アランがボディを手掛けている。

1938年、アランが6歳だった頃に、シンガー製エンジンからメドウズ製エンジンへと置き換わっている。同じタイミングで、車名は1 1/2リッターから1500へと改められた。ブランド創設期に製造された1 1/2リッターは、20年近くに渡って製造が続けられた。

赤いHRG 1500は1955年製だが、新車当時でも時代遅れを感じさせるデザインだった。スチール製のボディには、空気力的要素は皆無。ウインカーもなく、方向指示をするのはドライバー本人。ブレーキにはサーボも付いていない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事