【詳細データテスト】ポルシェ・タイカン 正真正銘ポルシェのスポーツカーでありドライバーズカー 重量を感じさせない走りと快適性 デジタル偏重の内装は使い勝手に劣る

公開 : 2020.08.08 11:50  更新 : 2021.02.10 17:27

内装 ★★★★★★★★★☆

身体にぴったりフィットする電動調整式スポーツシートに身を沈めてドアを閉める。すると、身を包むキャビンには、純粋にエルゴノミクスの観点でいえば、一見すると911のハイエンドモデルとの共通点が数多く見つけられる。まぁ、それも自然な話だが。

そして、ドライビングポジションは一級品だ。座面は低く、高いウインドウのラインとダッシュボードへ駆け上がるように続くセンターコンソールによる囲まれ感がある。細い小径リムの好ましいステアリングホイールはドライバーの真正面に設置され、コラムは手前へ十分に引き寄せられるだけの調整幅がある。

デジタル化が進み、スイッチ類が大幅に削減されているインテリア。しかし、操作のたびに目を向けなければならないので、手探りで扱える物理的スイッチに比べて運転中の安全性に問題がある。
デジタル化が進み、スイッチ類が大幅に削減されているインテリア。しかし、操作のたびに目を向けなければならないので、手探りで扱える物理的スイッチに比べて運転中の安全性に問題がある。    OLGUN KORDAL

ペダル配置は良好だ。ブレーキペダルはかなり左へ寄っているが、それに慣れるのに時間はかからない。フロントウインドウの向こう、低いノーズ越しの視認性はすばらしく、まるでマクラーレンのスーパーカーのようだ。対して、後方の視界は狭い。

タッチパネルやデジタルディスプレイにかなり依存しているタイカンは、ポルシェのデジタル志向を体現している。それは、ひとつのボタンでできることに少なくとも3つは使った、かつてのやり方を是正しようとしているようだ。

ディスプレイのグラフィックは上出来だ。しかしながら、操作部の位置を探すためには、路上から目を逸らさなければならない。それ以外のエルゴノミクスがよくできているなかにあって、最大の落ち度はそこにあるといえる。

実用性は悪くないが、特筆すべきほどではない。とくに、テスラモデルSあたりと比べればそれは明らかだが、そもそもその比較はフェアではないかもしれない。

後席は、よほど背が高くなければ不足のないレッグルームが確保されているが、ヘッドルームはややタイトだ。荷室は366Lとまずまずの容量で、形状も使いやすい。さらにフロントには、81Lと小ぶりながらも収納スペースが用意されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記