【詳細データテスト】メルセデス・ベンツAクラス ドライブトレインの制御は未熟 運動性能は快適性の犠牲に 静粛性は改善の余地あり

公開 : 2020.08.15 11:50

快適性/静粛性 ★★★★★★☆☆☆☆

快適性と静粛性。A 250eは、そのいっぽうでは申し分ないが、もういっぽうは十分とはいえないものだった。

このPHEVモデルのサスペンションは、コンフォート仕様のみが設定される。メルセデスがそう判断したことにより、少なくともこのクルマの快適さは、低速域でも高速域でもかなり優れている。高速道路では穏やかにくつろいで巡航でき、市街地の大きな隆起や段差での追従性もかなりのものだ。

乗り心地はかなり快適。しかし、残念なのはノイジーだということだ。車重がかさみ、燃費重視の硬いタイヤを履いているため、路面からの騒音が小さくない。
乗り心地はかなり快適。しかし、残念なのはノイジーだということだ。車重がかさみ、燃費重視の硬いタイヤを履いているため、路面からの騒音が小さくない。    OLGUN KORDAL

しかしながら、音環境は残念なことになっている。騒々しいうえに反響し、それがときおり突如として起きるのだ。

アスファルト舗装が荒れていると、キャビンにはかなりのロードノイズが響く。これもまた、コンパウンドが硬い燃費志向のタイヤを履いたことの望ましくない副作用だろう。また、きつい隆起や露出した鉄板などではたしかに打撃音が室内へ侵入してくる。

このクルマのシャシーが、その車重によって快適な領域をギリギリ保っていることを知らなくても、どのみちこのさまざまな外的ノイズがそれを思い知らせてくれるはずだ。

ドライビングポジションは、ヘッドレストがシートバック一体型なのを除けば良好。シート自体は座り心地がよく、長さ調整可能な太もも裏のサポートを備える。運転席のレッグルームは、広いスペースがある。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

メルセデス・ベンツの人気画像