【新型に初のPHEV登場】アウディA3スポーツバック40 TFSIe 電気のみで70km以上走行可能

公開 : 2020.09.30 11:30

新型アウディA3スポーツバックに、203psのプラグイン・ハイブリッドが追加されました。「40 TFSIe」と名付けられ、電気のみで77kmの走行が可能です。プラグインの高性能モデルも予定されています。

もくじ

新型A3にPHEV追加
欧州では今年後半に発売予定

新型A3にPHEV追加

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

最近発売されたばかりの新型アウディA3スポーツバックに、プラグイン・ハイブリッドモデルが登場。電気のみで77kmの走行が可能で、今年後半に英国で発売される予定だ。

大きな進化を遂げた新型A3は、マイルドハイブリッド、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンを用意し、今年初めに英国で発売された。このラインナップには、今年後半にA3スポーツバック40 TFSIeプラグイン・ハイブリッドが加わるほか、さらに高性能モデルも間もなく発売される予定となっている。

アウディA3スポーツバック40 TFSIe
アウディA3スポーツバック40 TFSIe    アウディ

40 TFSIeのパワートレインは、149ps、25.4kg-mのトルクを発生する1.4L 4気筒ガソリンエンジンを搭載している。これが108psと35.6kg-mのトルクを発生する電気モーターと組み合わされ、システム合計出力は208ps、35.6kg-mとなる。

0-100km/h加速は7.6秒、最高速度は227km/hに達する。NEDCサイクルによる燃費は79.9-85.8km/l、CO2排出量は34-34g/km。13.0kWhのバッテリーは後席シート下に配置されている。

家庭での充電は230V電源ケーブルで最大2.9kWまで可能で、フル充電には約4時間かかるが、公共の充電ポイントではモード3のケーブルで充電することができる。

欧州では今年後半に発売予定

電力のみで時速140kmまで加速でき、EVモードとハイブリッドモードに加えて、充電レベルを維持するバッテリーホールドモードと、エネルギー回収を最大化するバッテリーチャージモードを備えている。

このシステムはアウディのドライブセレクトシステムと連動しており、コンフォート、オート、ダイナミック、インディビジュアルモードが用意されている。

アウディA3スポーツバック40 TFSIe
アウディA3スポーツバック40 TFSIe    アウディ

車内には、デジタルメーターの「パワーメーター」や10.1インチセンターディスプレイのエネルギーフローなど、ハイブリッドに特化した機能も多数搭載されている。

専用設計の16インチアロイホイールを標準装備しており、オプションで17インチと18インチも用意されている。

A3スポーツバック40 TFSIeは今年後半に欧州で発売される予定だが、英国での発売日はまだ確定していない。

英国での価格設定も未確認だが、ドイツでは3万7470ユーロ(464万円)からとなる。参考までに、エントリーモデルのA3スポーツバックの車両価格は2万2410ポンド(302万円)だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事