【もうすぐ新型登場】トヨタ86/スバルBRZ、何をもたらした? 豊田章男社長の治世の象徴と言えるワケ

公開 : 2020.11.11 05:50

F1の撤退から始まった章男社長体制

2009年に就任した、豊田章男社長の最初の大仕事は、F1からの撤退であった。当時のリリースには「昨今の厳しい経営環境を踏まえつつ、来年以降のモータースポーツ活動についても、あらためて中長期的な観点から総合的に検討した結果、本年限りでのF1からの撤退を決定した」とある。

8年間の挑戦で13回の表彰台を得たが、結局のところ優勝には手が届かなかった。

AUTOCAR英国編集部が2018年のイシゴニス賞を贈った際の豊田章男社長。
AUTOCAR英国編集部が2018年のイシゴニス賞を贈った際の豊田章男社長。    AUTOCAR英国編集部

さらにトヨタの苦難は続く。北米でトヨタに大規模リコールが発生。トヨタ・バッシングと呼ばれる騒動が起きる。

結局のところ、トヨタ車の欠陥はなく、裁判も2011年に終了。騒動も収束する。

しかし、そんな厳しいスタートとなったものの豊田章男社長は「もっといいクルマづくり」を標榜。2012年に、新たなクルマづくりの手法である「TNGA:トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」を発表。

2015年に、第一弾モデルとして「プリウス」を発表。「プリウス」などTNGAから生まれたクルマは次々とヒット車となる。

一方、スポーツカーに関して言えば、2010年には500台限定のスーパースポーツ「LFA」を発売。2012年には肝いりだった「86」の販売も始まる。

同2012年にはトヨタとして正式にニュルブルクリンク24時間レースに参戦。また、「86」も参戦するTRDラリーチャレンジ(現在のTOYOTA GAZOOラリーチャレンジ)を開催し、翌2013年には「86」と「BRZ」のワンメイクレースもスタートさせるのだ。

そして2017年からWRCへの参戦を復活。2戦目にいきなりの優勝を果たす。WRC撤退から18年ぶりの勝利だ。

さらに同2017年にはスポーツカーブランドとして「GR」を設立。2019年には同ブランドから「GRスープラ」、2020年には「GRヤリス」が発売されている。

 

人気記事